無料ブログはココログ

カテゴリー「携帯・デジカメ」の2件の投稿

2013年2月 4日 (月)

すばる望遠鏡の巨大デジカメ

 2013年2月2日(土)、横浜パシフィコで開催されているカメラと写真映像の総合展示会「CP+2013」に行く。

 CP+は、国内最大級の写真映像関連のショーで、最新の製品や技術を紹介し、産業と写真映像文化の発展に貢献するという。主催はカメラ映像機器工業会、協賛は日本写真映像用品工業会。

Img_86971

 カメラメーカー、レンズメーカーやカメラ用品メーカーの展示、イベント、セミナー、写真家のトークショー、写真展などなど。来場者が実際に手で触れたり、写真を撮影できるデモ機がそろえられている。コンパニオン&モデルの周りには、カメラ小僧(いやカメラおじさん?)たちが取り囲む。土曜日のこの日の登録来場者数は約2万人、会場は熱気と人混みであふれている。

 

 ★ ★ ★

 この中の関心のあった展示の中から一つだけ、「すばる望遠鏡を支えるキヤノンの光学技術展示」を記す。

 
 キヤノンのブースの一角に簡単な説明パネルやビデオ、すばる望遠鏡を納めるドーム模型(写真下)。技術者と思われる説明員が1人立っていた。

Img_87131

 

 

 国立天文台は、東大国際高等研究所と長期の共同開発を進め、新型の超広視野カメラ「Hyper Suprime-Cam」(略称HSC)を昨年の2012年7月に「すばる望遠鏡」に搭載した。8月から性能試験観測を開始している。

 すばる望遠鏡には、口径8.2mの反射鏡の上16mの位置に、主焦点と呼ばれる焦点がある。HSCは従来の主焦点カメラに比べ、視野角を更に拡大した新しいカメラで、これほどの広視野の光学系では世界最高性能だという。
 莫大な数の銀河を、広い天域で短時間に観測して銀河の形を精密に測定し、謎の物質ダークマター、謎の現象ダークエネルギーの正体の解明が強く期待されている。

 国立天文台ハワイ観測所の「すばる望遠鏡」については、昨年4月にブログを書いた。この記事を書いた時には、新型カメラというものがどういうものか、よくは分からなかった。

 http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-e2e0.html

 

 HSCは、巨大なデジタルカメラである。大きく分けて、カメラ部、補正光学系(レンズ鏡筒)、主焦点ユニットの3つの要素で構成されている。

 写真下は、主要な部分の組み上げが完了した 高さ3mのHSCの巨大なデジタルカメラ。(クレジット: 国立天文台・HSC プロジェクト)

Fig1_s

 

 カメラ部は焦点面に116個のCCD(撮像素子)を配置しており、計8億7000万画素を持つ。このCCD素子は、国立天文台と浜松ホトニクスで新規に共同開発された。

 カメラ部や補正光学系などを保持し望遠鏡に取り付けるための機械部品である主焦点ユニットは、三菱電機が開発、製造を担った。

 光学収差や大気分散を補正するための補正光学系は、キヤノンによって開発・製作された。

 展示パネルによると、望遠鏡の広視野を実現するためには、レンズ口径を大きくし、枚数を増やす必要がある。しかしHSCでは、すばる望遠鏡の既存設備に搭載されるため、質量や寸法の面で厳しい制約が要求された。この制約内で、非球面レンズを使用して視野角を3倍(1.5度、満月3個分)にしながら、総レンズ枚数は従来と同じ7枚に、レンズ口径は約1.6倍(有効径820mm)に抑えたそうだ。
 また、補正光学系全体の軽量化を実現するために、レンズ群を支持する鏡筒を、軽量で高剛特性を持つセラミックスを採用した。

 
 写真は、展示パネルの一部。

Img_87081

 すばる望遠鏡を納めるドーム模型の隣には、直径50cmほどの実物大のレンズのレプリカも展示されていた。

Img_87031

 

 キヤノンは、同社の高度な光学設計、計測、加工技術が、世界トップレベルの宇宙・天文研究を支えているという。

 

 近年の天文観測の急激な進歩は、デジタルカメラやCCDセンサやコンピュータ処理技術など、デジタル信号処理技術の進歩にあると、あらためて実感する。

 

 ★ ★ ★

 JR桜木町前のクロスゲートビル、3Fの台湾料理「青龍門」でオフ会。

Img_87631_2 Img_87321

 JR桜木町駅前から見るランドマークタワーやみなとみらい方面。20:30頃解散。

Img_87561

Img_87571

 

 

2011年10月 3日 (月)

デジタル一眼レフカメラ

 2011年9月23日、デジタル一眼レフカメラを買った。

 今使っているカメラは、7年前のコンパクトカメラだが、今年6月頃から一眼レフカメラの購入を本格的に検討し始めた。CanonNikonの入門機、中級機種を調査、また通販サイト、家電量販店、カメラ専門店の価格推移を調べた。

●Canon EOS Kiss X5
 
長い間一眼レフを使ってなかったので、オート機能でもきれいに撮れ、操作し易く、コンパクトカメラに近いという「Canon EOS Kiss X5 ダブルズームキット」を選ぶことにした。

Dscn5391eos_x5

 X5は、機能ガイド付きの液晶モニタが自由に動くハイエントリー機。同クラスのNikon D5100が、性能重視で上級者好みに比べ、X5はファミリー向けで、操作性が良いらしい。更に上位機種の60D等のアマチュア写真家向けも検討したが、価格も高いし、重いのでやめた。
 X5
は、今年3月に発売されてから半年、底値に近くなってきた。9月末までに購入するとカメラバックが付いてくるというキャンペーンもあり、9月決算あるこの時期に買うことにした。
 
納得できる価格に下がってきたので923日、カメラのキタムラで、古い一眼レフカメラを下取り5,000円引きで購入した。これだと家電量販店より安く、有名通販サイトと同価格、有償だが5年保証も付いて安心だ。

Minolta SR-Tスーパー
 思えば、サラリーマンになってしばらく経った1973年ころ、念願の35mm一眼レフカメラ「Minolta SR-Tスーパー」を、市内のカメラ店で買ったのが初めてだった。
 資料を調べると、この機種は19733月に発売、発売時の価格は37,800円(実際いくらで買ったか忘れた)。今の価値に直すと、その2倍以上の値段だろう。当時CMでも評判となり大ヒットしたSR-T101の進化版で、メカニカル一眼レフの傑作機とも言われた。ボディが金属のため重量感があり、シャッター音も大きく、存在感があった。
 
独身時代から結婚、子供の成長などを記録した。広角と望遠レンズを追加購入し、重いのによく山登りに持って行った。自己流でカメラ技術はあまり上達しなかったが、故障も無く15年近くも使っただろうか。その後、だんだん不具合が出てきたりして、カメラから遠ざかった。

Olympus AF-1
  1990
7月ころ海外出張のために、小型軽量のコンパクトカメラ「Olympus AF-1 TWIN クォーツデート」を買った。発売が198812月、販売価格が42,000円(ケース付) とあるので、結構高かった(販売店や買値は不明)。
  世界初のリチウム電池内蔵のコンパクトカメラで、愛称は「ピカソTWINテレ」。上下のレンズで望遠・広角を取分けるツイン方式で、レンズが飛出さない2焦点カメラだった。

Nikon COOLPIX 5200
  そのうちOlympusも調子悪くなり、世の中はデジタルカメラの時代になった。200478日、キタムラでOlympusを下取りに出して、デジタル・コンパクトの「Nikon COOLPIX 5200(シルバー)」に買い換えた。買値は、35,000円だった。有効画素数5.1メガピクセルで当時では高画質、光学3倍ズームレンズで、手になじむメタルボディだ。

 それぞれのカメラに愛着があったが、カメラは車に比べ、いかに買い替え回数が少なかったことか。

 

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック