無料ブログはココログ

« 再び妻沼聖天山 | トップページ | 新型コロナ2023.07 漸増続く »

2023年8月 5日 (土)

富士見高原リゾート花の里

   2023年7月26日(水)、八ヶ岳山麓の富士見高原リゾート花の里(長野県富士見町)から高原周遊の旅。

 

 関東甲信越地方は7月22日が、梅雨明け。13名の日帰りバス旅行。

 8:00、集合場所の最寄り駅前をバスで出発。関越道から圏央道、中央道を走り、長野県富士見町の富士見高原へ向かう。

 小淵沢インターで降りて、10:45バスは「富士見高原リゾート花の里」駐車場に到着。

 「富士見高原リゾート」は、スキー場、ゴルフ場、花の里やハイキング、温泉のあるホテル旅館、合宿所のあるスポーツ&レクリエーション施設 、貸別荘など、オールシーズン楽しめる天空のリゾート 。

 「天空カート」の駐車場。

Img_5954

 自動運転の「天空カート」(4人乗り)に分乗、標高1420mの「創造の森」までの約25分のドライブ。

Img_5891

 「天空カート」はハンドルを握る必要はない。スタートボタンを押すだけで走り出し、道路に埋められた電磁誘導線をセンサーが感知しながら進む。カーブも自分で回り、指定場所で自動的に停止する。1人1,000円、「白樺エリア」入場券と合わせて1,400円。

 「創造の森」の「望郷の丘」展望台

Img_5859ps

 展望台からの大パノラマを満喫。左手(南東)に富士山は霞んでいる。毛無山と櫛形山が見える。

Img_5863ps

  南の方角。あいにく鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、鋸岳 は、雲隠れ。雨乞岳が顔を出す。

Img_5867

 南西の方角は、白岩岳。

Img_5869

 西の方角は、入笠山、御嶽山が見える。北西の方角には遠く乗鞍岳、諏訪盆地とその奥に奥穂高などの北アルプスが続くらしい。

Img_5854

 岩石に囲まれた 「ロックガーデン」のお花畑。八ヶ岳連峰の西岳(左、標高2398m)と編笠山(右、2524m)を背景に、色とりどりの花が咲き誇る。

Img_5849

 再びカートに乗って下山、アジサイや高原キスゲなと色とりどりの夏の花が群生する「白樺エリア」へ。

Img_5950

Img_5893

Img_5918ps

Img_5949ps

Img_5916

Img_5926

Img_5928 

 12:55、花の里を後にして清里高原(山梨県北杜市)に移動。

 13:35頃~「釜めしまこと」(北杜市高根町清里)で遅い昼食。

Img_5692

 客のテーブルで蓋をしないで炊き上げる釜飯。約20分くらい待つと食べられる。一番安い「五目釜飯」、味噌汁お新香が付いて1,080円。

Img_5698

 午後は長野県南牧村の直売所に立ち寄って新鮮な桃の買い物の後、北八ヶ岳の東麓に広がる佐久穂町の八千穂高原へ。

 16:00から白樺群生地で20分ほど散策。

Img_5961

Img_5964

Img_5976

 帰りは、八千穂高原インターから、中部横断道、上信越道、関越道を経て、18:20に出発地に帰着した。

 この日の下界は、最高気温40℃に近い猛暑日。陽ざしは強いものの、30℃以下の涼しい八ヶ岳山麓周遊のバス旅を楽しんだ。

« 再び妻沼聖天山 | トップページ | 新型コロナ2023.07 漸増続く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び妻沼聖天山 | トップページ | 新型コロナ2023.07 漸増続く »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック