無料ブログはココログ

« 東秩父村の早春 | トップページ | 新型コロナ2022.04 再び増加 »

2022年4月12日 (火)

森林公園2022の春

 2022年3月27日(日)、武蔵丘陵森林公園(埼玉県滑川町)の春。


 北の風が強いが、気温は20℃を越す暖かさ。

 中央口の開門と同時の9:30入園。植物園に向かう。

 植物展示棟前の「パンジー」と「チューリップ」。

Img_9551l

  初めて見た黒い「パンジー」。ハーブガーデンにて。

Img_9518

Img_9537

 ボーダー花壇付近の「コブシ」の花。コブシは花期、花の付け根部分に葉が1枚あるのが特徴だそうだが良く確認できない。

Img_9510

 公園・庭園樹園のこもれび花畑。早咲きの「チュリップ」畑は人気があって、日曜とあって家族連れが大勢来てにぎやか。

Img_9618

Img_9623

 公園・庭園樹園の「モクレン」。コブシとモクレンは見た目がよく似ているため混同しやすい。

Img_9606

 最盛期の「クリスマスローズ」畑。公園・庭園樹園にて。

Img_9647

 「クリスマスローズ」。花びらに見えるのは、実はガク。

Img_9677

 見頃を過ぎた「クロッカス」の群生、その中で鮮やかな三輪を見つけた。白に薄紫の筋模様の花びらは、どこか着物を身につけた清楚な女性のよう。渓流広場にて。

Img_9730

 「熊谷桜」は、淡紅紫八重咲きで小さい。めしべは2個。キンキマメザクラの園芸品種。山田大沼の中央西岸にて。

Img_9772

 12:50、退園。

 

本ブログの関連記事

  「森林公園2022の福寿草」
    http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2022/02/post-4da71a.html

  「森林公園2021梅林と椿園」 2021年2月15日 投稿
    http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2021/02/post-737b07.html

  「森林公園の早春ウォーク」2019年3月15日投稿
    http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-d5b0.html

  「森林公園の観梅ウォーク」 2018年3月19日投稿
    http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-ff07.html

  「森林公園の早春の花」 2017年3月15日投稿
    http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-0609.html

 

 ★ ★ ★

 コブシ(辛夷)と(ハク)モクレン(白木蓮)は、同じ時期に花を咲かせ、見た目がよく似ているため混同しやすい。コブシとモクレンはどちらもモクレン科モクレン属。モクレンの原産地は中国南西部、コブシは朝鮮半島と日本。

 モクレンは花期には葉がついていない。 花が終わってから葉を出す。ハクモクレンの花の大きさは8~10cmでコブシに比べ肉厚。上を向いて開花し、開花の際に花弁がふわっと膨らむ程度で、完全に開き切らないのがモクレンの花の特徴。一方コブシの花は、モクレンと比べると小ぶりで4~5cm。コブシの花弁は横やあちこちに広がって開花し、完全に開き切る。

 モクレンの花びら(に見えるもの)が9枚あるのに比べ、コブシの花びらは6枚。これは、花びらの下に出る3枚の「がく片」が、コブシの場合は緑色なので花びらと区別できるのに対して、ハクモクレンの「がく片」は花弁と同じ白色であるため9枚あるように見えるのだという。

 コブシのツボミには毛が生えているのが特徴。モクレンのツボミにも毛が生えているが、ツボミ期間が長いのが特徴だそうだ。

« 東秩父村の早春 | トップページ | 新型コロナ2022.04 再び増加 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東秩父村の早春 | トップページ | 新型コロナ2022.04 再び増加 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック