無料ブログはココログ

« 新型コロナ2021.01 重症最多 | トップページ | 千葉・南房総の日帰り旅 »

2021年2月15日 (月)

森林公園2021梅林と椿園

 2021年2月14日(日)、「武蔵丘陵森林公園」(埼玉県滑川町)の梅林と椿園へ行く。


●梅林

 10時過ぎ、「武蔵丘陵森林公園」南口から入園。徒歩10分ほどの「梅林」では、早咲き、中咲きの白・桃・紅色の梅の花が見頃。

 ひだまりの南斜面に、約120品種・約500本の梅の木が植栽。

Img_5049
Img_5058
Img_5061
Img_5171
Img_5163
Img_5144

 園内には数本のロウバイの花。

Img_5110

 ほかにサンシュやマンサクの花木も。

 梅の木の下には、福寿草が満開。2万本も植栽されているというが、開花しているのはそれほどの数は見当たらない。

Img_5032
Img_5042
Img_5029ps

 やはり梅の木の下にはスイセンの花も。見ごろはこれからのようだが、ちらほら開花。

Img_5224

Img_5173

 

●椿園

 「梅林」から西へ徒歩5分ほどの「椿園」に寄ってみる。展望塔の下から松林の南斜面に、「江戸ツバキ」を始め全国から集めた約400品種・約1000本の椿・山茶花が植栽。

 早咲きのツバキの花が、チラホラ開花。

Img_5258

 以下に、開花していた珍しいツバキを掲載する。

 植物名ラベルを確認できなかったが、「薩摩」(さつま)という園芸種か?

Img_5261

 「薩摩」は、鹿児島の島津家の磯庭園に原木がある椿。純白の千重咲きで、大輪の花を咲かせる。「薩摩紅」と呼ばれる真紅の品種もある。

 「天ヶ下」(あまがした)は、関西ツバキ。濃い紅色地に、白い斑が入る中輪一重のラッパ咲き(花弁が反曲)。関西で栽培されてきた古典品種。

Img_5269

 「菊更紗」(きくさらさ)は、江戸ツバキ 江戸時代に造られた品種で、千重咲きの中輪。白地に赤い線状の模様、いわゆる更紗模様。

Img_5278

 「珠錨」(たまいかり)は、肥後ツバキ。桃地の花底に淡桃ぼかしが入る、 一重椀咲き(お椀の形)の中輪。細川藩の武士が愛好し、育ててきた「肥後ツバキ」という品種群がある。

Img_5282

 

●山田城址

 公園の南口付近に「山田城址」の案内板があるが、これまで行った事がなかった。

 公園敷地内の松林の中、小高い丘を登ってみると、空堀と土塁の跡。

Img_529091

 土塁を越えると広場のような郭内にも、一部に土塁が設けられ、空堀もある。

 「山田城址」の説明板が立つ。

Img_5285
Img_5284ps

 「山田城」は、園内を通る「鎌倉街道」を押さえるた要衝にあり、戦国時代には松山城の支城であった説、また陣城であったという説もあるという。説明板にあるように1590年(天正18年)の豊臣秀吉による「小田原征伐」の際、北国軍の前田利家らの軍勢によって陥落したといわれている。桜のある花木園あたりに、「山崎城」というのもあったようだ。

 14時過ぎ退園。


 本ブログの関連記事

  「森林公園の早春ウォーク」2019年3月15日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-d5b0.html

  「森林公園の観梅ウォーク」 2018年3月19日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-ff07.html

  「森林公園の早春の花」 2017年3月15日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-0609.html


 ★ ★ ★

 ツバキは、容易に交配できるために花色・花形に変異が生じやすく、古くから新しい品種が造られてきた植物。徳川幕府が開かれると、江戸に多くの神社、寺院、武家屋敷が建設され、それにともない多くの庭園が造営され、ツバキも植栽されていった。特に徳川秀忠が吹上御殿に花畑を作り、多くのツバキを含む名花を献上させた。これが「江戸ツバキ」の発祥といわれる。

 江戸時代には将軍のほか、肥後、加賀などの大名や京都の公家などが園芸を好んだことから、庶民の間でも流行し、たくさんの品種が作られた。現在、日本では約3000種類を超える品種が栽培され、欧米でも新品種が次々と造られているという。ツバキは、花の形で分類すると、一重咲き、八重(花弁が重なった)咲き、千重(せんえ=花弁が多く、花芯に雄しべがほとんど見られない)咲きなど約10種類の花形がある。


 この日は、ぽかぽかの天気で、4月並みの最高気温18℃。今年一番の暖かさ。「緊急事態宣言」下であったが、巣ごもりに耐えられず外出したが、マスク姿の家族連れなど、意外にも人出があった。毎年のように3月頃になってからこの公園に来ていた、昨年はコロナで中止。少し早めの2月中旬だった生かせいか、福寿草がこんなに群生しているのは初めて見た。

« 新型コロナ2021.01 重症最多 | トップページ | 千葉・南房総の日帰り旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナ2021.01 重症最多 | トップページ | 千葉・南房総の日帰り旅 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック