無料ブログはココログ

« 日光白根山 | トップページ | さくら堤の彼岸花 »

2019年9月14日 (土)

湯元温泉と戦場ヶ原

   2019年9月1日(日)、奥日光の湯元温泉から戦場ヶ原を散策する。

 

 本ブログ記事「日光白根山」の続き。湯元温泉の温泉寺や源泉を散策。バスで赤沼バス停に移動し、湯川に沿って戦場ヶ原、小滝、湯滝を経て、湯ノ湖をめぐる。

   

 前日、標高2578mの「日光白根山」に登り、標高1,480mの奥日光湯元温泉の旅館「湯守釜屋」に宿泊。

 朝6:00起床。7:30~朝食。8:40旅館を出発。

 レンタカーは旅館「湯守釜屋」に駐めさせてもらって、バスの発射時刻まで湯元温泉の北のはずれ「温泉寺」と「湯元温泉源泉地」を散策。

 「日光山温泉寺」は天台宗の寺院で、世界遺産「日光山輪王寺」の別院。

Img_9103

 「温泉寺」は、日光を開山した勝道上人(しょうどうしょうにん)が、788年(延暦7年)にこの温泉を発見、病苦を救う薬師瑠璃光如来を祀ったのが始まり。その後、薬師信仰のもとで庶民の療養延年の名湯として知られるようになり、江戸時代には「輪王寺」の直轄寺院としてその名が広まった。

 昔、「温泉寺」は「薬師堂」という名前で別の場所にあったそうだ。1966年(昭和41年)、台風の土砂崩れで直径5mもの大岩が落下し、「薬師堂」は潰れた。だが如来像は、その落下した大岩の上に無傷で鎮座していたそうだ。この奇跡に、地元の人々は益々信仰を篤くし、お堂の再建を発願、1973年(昭和48年)源泉の近くの現在地に「温泉寺」として建立されたという。

Img_9094

 庫裏(くり)には、源泉から温泉を引いて浴場が作られている。温泉に参篭(さんろう、こもること)のできるお寺は珍しい。薬師如来の「健康増進・延命長寿」のご利益があるという。 4月下旬~11月下旬の期間、8時~17時受付。参篭(入浴)は1時間で宿泊は不可。志納金と呼ぶ入湯料は、大人 500円。

 温泉寺の東に隣接した「湯ノ平湿原」を経て「湯元温泉源泉地」に行く。

Img_9099

 『湯ノ平湿原』の説明板によると、「湯ノ平湿原」は元は「湯ノ湖」の一部であったが、周辺の沢から運ばれた土砂が堆積して湿原となったそうだ。現在の湿原は温泉水のほか、周囲からの湧水、伏流水が供給され、「湯ノ湖」に流れている。冬でも湿原は、温泉水で凍結しないため、ニホンザル、ニホンジカ、コガモなどが餌を求めて訪れるという。

 湿原の北側が、源泉地となっている。

Img_9097

 硫黄の匂いの乳白色の温泉水が、各旅館の小屋から湧き出ている。

Img_9098

 湯元温泉バスターミナルから、9:15発の日光駅行き東武バスに乗車。

 バスは国道120号線(日本ロマンチック街道)を南下、光徳温泉を経由して9:35赤沼バス停。ここで下車。

 

 赤沼は標高1,395m。徒歩5分ほど赤沼分岐。ここから直進すると「小田代ヶ原(おだしろがはら)」。右折して「戦場ヶ原」を流れる湯川に沿った遊歩道(戦場ヶ原自然研究路)を「湯滝」に向かって北上する。

 9:45湯川赤沼橋の上から、湯川の上流を望む。湯川は、「竜頭(りゅうず)ノ滝」を下って「中禅寺湖」へ流出する。

Img_9104

 ピンク色の花の大群落、ホザキシモツケ(穂咲下野)はバラ科シモツケ属の落葉低木。

Img_9108

 奥日光のランドマーク「男体山」(2486m)と「戦場ヶ原」を見渡せるスポット。

 「男体山」の左側の裾野の奥に、「大真名子山(おおまなこさん)」(2375m)と「小名真子山」(2323m)。その奥にある「女峰山(にょほうさん)」(2483m)は見えない。

Img_9116

 「男体山」の左側に目をやると、中央に「太郎山」(2368m)、その左「山王帽子(さんのうぼうし)山」(2077m)、左端の波形の山は「三岳」(1945m)。

Img_9119t

 真名子(まなこ)は、「男体山」と「女峰山」という両親を持つ愛子(まなご)、「男体山」の北には「太郎山」を擁し、火山一家を成しているというから、誰が名付けたのか面白い。 

 「戦場ヶ原」と日光連山のパノラマ写真。(クリックすると拡大表示します。)

Img_91179

 日本百名山の「男体山」の山頂(火口)にかかる雲が切れた。

Img_9137

 足下には杉本真人の歌でも有名なワレモコウ(吾亦紅)。バラ科・ワレモコウ属の植物。

Img_9124

 山地の湿地帯に生えるエゾリンドウ(蝦夷竜胆)は、リンドウ科リンドウ属の多年草。

Img_9131

 「日光白根山」の登山道でも多く見られたアキノキリンソウ(秋の麒麟草)。キク科アキノキリンソウ属の多年草

Img_9136

 樹木のトンネルの中、木道を進む。

Img_9140

 さらに湯川をさかのぼって戦場ヶ原自然研究路を歩いて「青木橋」を渡る。

 湯川でマス釣りをする人を見かける。湯川はキャッチ&リリースの河川で、釣った魚は放すこと。

Img_9145

 ヤマシロギク(山白菊)の別名を持つシロヨメナ(白嫁菜)は、キク科シオン属の多年草。

Img_9148

 この辺りから湿原が終わり、緩いアップダウンが続く山道になる。

Img_9151

 「泉門池(いずみかどいけ) 」 の手前の分岐を直進。左に折れると「小田代ヶ原」。

 11:15「泉門池」のそばに設置されたテーブルで10分ほど休憩。「泉門池」は、光徳牧場付近にある「光徳沼」と同じように、湧水による池。正面の山は「太郎山」か。

Img_9153

 この先の「小田代橋」を渡ると、国道120号線の光徳入口バス停に向かう分岐。「湯滝」方向に向かう。

 11:50湯川に架かる木橋から「小滝」を正面から見る。

Img_9192

 急階段の遊歩道を上り、「小滝」を上から見る。やがて「湯滝」の水が落ちる音が聞こえ始める。

Img_9198

 12:00「湯滝レストハウス」前の鹿フェンスをくぐると、目の前に轟音とともに迫力ある「湯滝」が現れる。

Img_9200

 「湯ノ湖」から湯川に落ちる落差50m、幅25mの滝。「華厳の滝」と「竜頭の滝」に並んで、「奥日光三名瀑」と呼ばれる。

 地図で見ると、この先の「湯ノ湖」の湖尻に行くには湯滝駐車場を抜け、国道120号線の湯滝入口バス停から10分ほど歩く。しかし「湯滝」のすぐ側面に、急階段の近道があるのに気が付き、ここを上って行く。

Img_9221

 ジグザグの急階段の横を流れる「湯滝」。樹間に斜面を流れ落ちている様子がよくわかる。

Img_9217

 急階段を上り詰め、12:20「湯ノ湖」から「湯滝」の落ち込み口を覗く。

Img_9227

 湖尻から「湯ノ湖」を見渡す。ここから「湯ノ湖」の東湖畔に沿って、遊歩道(湯ノ湖一周コース)を歩く。

Img_9231

 よく整備された遊歩道は、アップダウンがほとんどなく歩きやすい。

Img_9241
Img_9240

 ウサギの耳の形をした「兎島湿原」への分岐付近から「湯ノ湖」を望む。

Img_9234

 12:50、標高1,480mの湯元温泉側の湖畔に到着。貸しボート屋があって、釣り客や観光客が利用している。

Img_9248

 「湯ノ湖」では、明治以降に多くの種類の魚が放流され、ヒメマス、カワマス、ニジマス、ホンマス、コイ、フナ、ワカサギ等が棲んでいるという。

 13:00~湖畔の「日光湯元レストハウス」で昼食。ざるそば750円。

Img_9253  

 レンタカーを駐めていた旅館「湯守釜屋」の駐車場へ戻る。

 13:25、駐車場を出発。往路を逆に国道120号線を北上、丸沼高原を経て、関越道沼田インターから帰路へ。

 

 本ブログの関連記事

 「栃木県北部の冬景色」 2015年2月5日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-81a2.html

 
 「戦場ヶ原と日光滝巡り-その2」 2013年8月24日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-3885.html
    
 「戦場ヶ原と日光滝巡り-その1」 2013年08月24日投稿 
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-d8e5.html

 

 ★ ★ ★

 標高1400~1480mの日光湯元・戦場ヶ原は涼しくて、自然に触れながら気持ちの良い散策だった。「中禅寺湖」、「竜頭ノ滝」、「戦場ヶ原」や「光徳牧場」の奥日光へは、これまで2,3回以上訪れているが、「湯滝」から「湯ノ湖」の遊歩道を経て湯元温泉へは初めてのコースだった。「竜頭ノ滝」への散策も当初計画したが、昼食と帰りのタイミングを考えると、ちょうど良い散策時間。歩程は、10キロくらいだったろうか。

 

« 日光白根山 | トップページ | さくら堤の彼岸花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日光白根山 | トップページ | さくら堤の彼岸花 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック