無料ブログはココログ

« 映画「ダンボ」 | トップページ | 奥多摩・三頭山 »

2019年5月 1日 (水)

新宿御苑と上野動物園

   4月18日(木)、新宿御苑と上野動物園に行く。

 

 この日は、上着いらずの初夏並の陽気。久しぶりの新宿御苑へ。

 9:55、JR新宿駅着。10:10、新宿御苑の 新宿門に到着。

 新宿門入口付近にあるインフォメーションセンターもアートギャラリーでは、2018新宿御苑フォトコンテスト入賞作品展がが開催中。

 10:30過ぎに入門、「大温室」に入る。

Img_7205

 熱帯のスイレンの池。

Img_7188

 熱帯植物の面白い葉に注目。

Img_7199

Img_7211

Img_7212

Img_7235

 他にも接待植物のユニークな葉がたくさんあったが、以下省略。

 江戸時代の内藤家の庭園「玉川園」の面影が残る「玉藻池」。紫色の花は、ハナダイコン(花大根)。

 大根の花や菜の花にも似ていて、同じアブラナ科。

Img_7259

 「フランス整形式庭園」のプラタナス並木。秋に落葉するが、新しい緑の葉をつけ始めている。プラタナス並木は、やはり枯れ葉の方が似合う。

Img_7260

 プラタナス並木の隣はバラ花壇。春のバラの見頃は5月中旬から6月初旬なので、まだつぼみの芽を出し始めた程度だった。

 新宿御苑の盛春はソメイヨシノなどの花見客で大混雑するが、この時期は晩春、八重桜が花盛り。

 八重桜の一種、フクロクジュ(福禄寿)の大木。樹形も大輪の花姿も美しく豪華。

Img_7261

 フクロクジュの先の 芝生は、「イギリス風景式庭園」。

Img_7272

  「日本庭園」にある歴史的建造物の「旧御涼邸」。

Img_7289

「旧御涼邸」から日本庭園を見る。

Img_7276

Img_7302

 新宿御苑を出て、14:50上野動物園に入園。
 

 表門から入場するとすぐ右手がパンダ舎。

 パンダ舎へ入場の行列は、20分待ちと知り、パスする。週末は60分以上の待ちになるという。

Img_7832mos

 パンダ舎の隙間から覘いてみる。ここからはパンダは見えないが、見学者は左手の屋外放飼場を右手の観覧通路から見ている。

Img_7800

 ゾウのすむ森。ゾウは、檻が邪魔してどうも撮りにくい。

Img_7318

 サル山。

Img_7328

 ホッキョククマとアザラシの海。

Img_7338
Img_7614

 もちろん2つのプールは、別れている。

Img_7390
Img_7417

 ゴリラ・トラの住む森。

Img_7546

Img_7499

 テナガザル。

Img_7540

 クマたちの丘。熊は動き回ってじっとしてない。

Img_7782

 プレーリードッグは、しぐさが可愛い。

Img_7814

 檻が邪魔になったり、動物は動き回っているし、じっとしていてもカメラの方を向いてくれなかったり。

 なかなか思ったように、いい写真は撮りにくい。

 動物園の中に何故か五重塔。

Img_7827

 この五重塔は、1631年(寛永8年)に寛永寺境内である上野東照宮内に、堂宇の一つとして建設された。当時は神仏習合の考えがあったので、寺の境内に神社(東照宮)があるのは珍しくなかった。

 明治になって、神仏分離により寛永寺の所有物になり、1958年(昭和33年)に東京都に寄付されたそうだ。

 動物園の「東園」だけ回って16:00、キリンやカバのいる「西園」に行く時間がなく退園。

 

 「新宿御苑」の関連ブログ記事

  「初夏の新宿御苑」2016/05/18投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-eb50.html

  「新宿御苑の桜」2013/04/02投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-e316.html

  「新宿御苑と神宮外苑」2012/12/02投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-c466.html

  「再び雨の新宿御苑」2012/06/18投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-c466.html

  「雨の新宿御苑」 2012/04/19 投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-50ed.html

 

 ★ ★ ★

 上野動物園は、正式には「東京都恩賜上野動物園」、「上野恩賜公園」(通称上野公園)内にある。上野動物園は、1882(明治15)年に農商務省の博物館付属施設として開園した日本初の動物園。1886(明治19)年には宮内省所管となり、1924(大正13)年には皇太子(昭和天皇)のご成婚を記念して、上野公園と共に東京市に下賜された。現在、年間入園者でみると上野動物が日本1位。2位は、北海道旭川市の旭山動物園。

 三代将軍・徳川家光が、江戸城の北東の方角、すなわち鬼門を封じるためこの地に寛永寺を建てた。以来、寛永寺は芝の増上寺と並ぶ将軍家の墓所として権勢を誇った。現在の上野公園のほぼ全域が、寛永寺の旧境内であった。武蔵野台地末端に位置することから「上野の山」、「上野の森」とも呼ばれた。上野の山は幕末の1868年(慶応4年)、旧幕府軍の彰義隊が立て籠もったため新政府軍との戦場(上野戦争)となり、その時寛永寺の主要な堂宇は焼失、焼け野原となった。

 明治維新後には、寛永寺の境内地は没収されて公園用地になった。1875年(明治8年)、寛永寺は規模を大幅に縮小して復興。現在、その地には博物館、美術館、動物園、東京芸術大学、上野高校などの文化・芸術・教育施設が集中している。また西郷隆盛像や不忍の池があることでも有名。

« 映画「ダンボ」 | トップページ | 奥多摩・三頭山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ダンボ」 | トップページ | 奥多摩・三頭山 »

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック