無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の3件の投稿

2019年4月 9日 (火)

映画「ダンボ」

 2019年4月5日(金)、ディズニー映画「ダンボ」<2D吹き替え版>を観る。


 笑いものにされた“大きすぎる耳”が、翼になって子象「ダンボ」が空を飛ぶ。1941年製作のディズニー・アニメの古典的な名作映画『ダンボ』をティム・バートン監督のメガホンをとって実写とCGで映画化。母を助けるため大空を舞うダンボのファンタジー・アドベンチャー。そして、ダンボを取り巻く人間物語。2019年3月29日(金)より全国公開。上映時間112分。

36b69e8df6770e9e

 舞台は、1919年のおんぼろサーカス団。団長のメディチ(ダニー・デヴィート、吹き替え: 浦山迅)が買った象の「ジャンボ」に、かわいい赤ちゃん象が誕生した。“大きすぎる耳”をもった子象は「ダンボ」と呼ばれ、ショーに出演すると観客から笑いものに。

 サーカス団の乗馬ショーで元看板スターだったホルト(コリン・ファレル、西島秀俊)は、第1次世界大戦で片腕を失って帰還し、ダンボの世話係を任された。ある日、コリンの子供ミリーとジョーが、悲しむダンボを元気づけるため遊んでいると、ダンボがその“大きな耳”で飛べることを発見する。
 
 “空を飛ぶ子象”の噂は瞬く間に広がる。ダンボを利用し金儲けをたくらむ大物興行師・ヴァンデバー(マイケル・キートン、井上和彦)は、メディチのさびれたサーカス団を彼の遊園地「ドリームランド」に吸収。そしてダンボは母親のジャンボと引き離されてしまう。母を想うダンボに心を動かされたホルトの家族とサーカス団の仲間たちは、ダンボの母を救い出す作戦をはじめる・・・。

 映画「ダンボ」のパンフの表紙

Img_20190408_0001

 

 最初は耳(翼)をバタバタさせて飛び上がるが、そのうちに不器用ながらもなんとか飛翔する。しかし着地が難しい。次第に羽ばたいたり滑空したり、減速して着地したり出来るようになる。子象ながら、まるで雛鳥の巣立ちのようだ。

 サーカス団の空中ブランコの曲芸師・コレット(エヴァ・グリーン、沢城みゆき)がダンボに乗る。このスクリーンでダンボが飛ぶ躍動感は、まるで自分が目前で体感しているようだ。オリジナルのアニメのダンボの飛翔シーンを、今回は現代のVFX(視覚効果)を使ってメインの見せ場にしているという。それはダンボのコンプレックスから解放される自由と喜びを表現している。

 ニューヨークにあるという未来をテーマにした大規模な遊園地「ドリームランド」は、1930年代の建築をイメージして、実際にスケール感あふれるセットが作られたそうだ。どこか現代のテーマパーク「ディズニーランド」を想像してしまったが、実際はニューヨークのコニ―アイランドにある遊園地がモデルらしい。当時コニ―アイランドは、現在のラスベガスのような場所だったという。映画では、メディッチのサーカス団は家族的で温かく、ドリームランドは未来的だが冷たいというイメージで対比させてあるらしい。

 オリジナル映画では、ダンボはサーカスの花形スターとなって、母親と再会するという設定。しかし今回の映画の最後は、驚くような意外で壮大なラストシーン。こんな結末が待っていたとは・・・。

 挿入歌「ベイビー・マイン」(Baby Mine、私の赤ちゃん)は、オリジナルにもあるバラードの曲。日本版エンドソング「ベビーマイン」を歌うのは、聞いたことのある声だと思ったら、竹内まりやだった。

 映画のエンディングロールには、キャストのほか製作側のVFXスタッフの名前が延々と続く。いったい何人のスタッフが働いていたのだろうか。こういった映画の製作には、多くのVFXアーティストの人材が欠かせないようだ。
 

 オリジナルの『ダンボ』(原題:Dumbo)は、ウォルトディズニー製作のアニメーション映画作品(上映時間64分)。アメリカでは、欧州で第二次大戦が始まっていた1941(昭和16年)年10月に公開された。日本では『空飛ぶゾウ ダンボ』という題名で、戦後の1954年(昭和29年)3月に公開されている。

 1941年のアニメ映画(オリジナル予告編動画より)出典:ウィキメディア・コモンズ 

Dumbo1941

 

 ★ ★ ★

 2018年のミュージカル・ファンタジー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(原題:Mary Poppins Returns、主演エミリー・ブラント)は、1964年のディズニー映画『メリー・ポピンズ』(主演:ジュリー・アンドリュース)の続編。日本では2019年2月1日に公開された。見たいと思っていたが、見逃してしまった。気がついた時は、次の映画「ジャンボ」が公開されていた。
 

 最近の映画はCGやVFXが多用され、現実ではあり得ないがリアリティのある映像を作り出すことができるようになった。

 SFX、CG、VFXについて述べる。

ーSFXは、特殊効果(Special Effects)を意味し、特殊撮影(特撮)とも呼ばれる。古くは〝活動写真”の時代から"トリック撮影”とも呼ばれた。フィルム、ビデオ映像に対して特殊な視覚効果を施す。

 SFXは、美術や舞台の"装置”によるものと、撮影技術や光学処理による"技術”に分けられる。具体的な"装置”は、ミニチュア・着ぐるみ・スーツアクター・特殊メイク・火薬・ワイヤーアクションなどが、具体的な"技術”には以下のようなものがある。

 ・バレットタイム(タイムスライス)撮影は、被写体の周りに複数台のカメラを並べて撮影する技法。
 ・ブルーバック撮影は、合成に用いる映像素材を撮影する際に、青い布などの背景を用いる技術。
 ・スクリーンプロセスは、半透明のスクリーンに裏側から映写し、これを背景としてスクリーンの前の演技を撮影する。

 1980年代以降は、CGなどで映像を後から加工する技術が生まれ、それらはSFXに対してVFXと呼ばれている。

-CGとはコンピュータグラフィックス(Computer Grphics)のことで、コンピュータ(デジタル)によって制作された映像のこと。アニメ映画やゲームなどに用いられる3D-CGアニメーションのことを特にCGと呼ぶことが多い。

-VFXは、視覚効果(Visual Effects)という意味。CG(コンピュータグラフィックス)または合成処理によって、違和感のないように実写映像を加工すること。撮影現場での効果を特殊効果(SFX)と呼ぶのに対し、撮影後の作業段階に付け加えられる効果をVFXと呼ぶ。

 映画業界ではSFXとVFXは別々のものとしてはっきりと区別するが、一般には混同されることが多いそうだ。

2019年4月 7日 (日)

春の秩父路

 2019年3月27日(水)、春の花を求めて秩父路へ。
 
 
 27日の関東地方は高気圧に覆われ、朝からすっきり晴れ。日差しと共に気温も上昇し、最高気温は東京都心20度、千葉と横浜で19℃、熊谷と秩父は22℃。春本番の暖かさで、昼間は上着いらずの陽気だった。


 7:30、駅前で参加者15人を乗せてマイクロバスは出発。

 関越道花園ICを出て、国道140号線を南西へ向かう。長瀞町、皆野町、秩父市街を経て、秩父市荒川上野田の「清雲寺」駐車場に8:45到着。
 

●清雲寺の枝垂れ桜

 「若獅子神社」に隣接して「清雲寺」がある。有名な枝垂れ桜は、まだ3分咲き。

 観光客でにぎあう時期になると駐車は有料(普通車500円、マイクロバス1,000円)となるが、まだ準備中で無料で済んだ。

Img_7029

 境内には、30本ほどの桜がある。その中でも、樹齢約600年といわれるエドヒガンザクラは樹高は15m、幹回りは3mの巨木。埼玉県の天然記念物に指定。1446年(文安3年)当寺開創の折、開山した楳峯香(ばいほうきょう)禅師が手植えされたものと伝えられる。

Img_6969light

Img_7001

Img_7024

 ここ「清雲寺」の近く、歩いて行ける距離に秩父札所29番「長泉院」の山門に古木の枝垂れ桜、さらに里道を歩いて「昌福寺」には枝垂れ桜が5本ある。いずれもまだ開花してないとの事前情報があって、中止。

 「清雲寺」を9:45出発、国道140号線に戻る。荒川に架かる橋を渡り北上、秩父市内の吉田久長へ。
 

●白砂公園カタクリの里

 この公園は、道の駅「龍勢会館」から1Kmほど北東の場所にある。

 「白砂公園カタクリの里」の無料駐車場に10:15着。駐車場そばにあった公園の案内板(写真をクリックすると拡大表示)。

Img_7030

 案内板によると、

 「この公園は医師石川貞蔵氏が私財を寄付し、憩いの場として整備した公園です。県内でも珍しい奇岩で白砂砂岩と呼ばれ、第三紀牛首峠層に属する花崗岩砂岩です。松・ツツジ・カタクリなど園内全体が県の自然環境保全地域に指定されています。」

 とある。

 鳥居をくぐり、諏訪神社の裏側から竹林の急な山道を登る。

Img_7032

 山道から右手の木造の急階段を降りる。公園には木橋の遊歩道が整備され、北向きの斜面1,000平方mの広さに約5,000株というカタクリが群生。

Img_7035

 この時期3月下旬は、カタクリの花がちょうど見頃。

Img_7045

Img_7058

 ゆるい登り坂になっている木橋の遊歩道を渡って行くと、最後は急な階段。小高い丘(巨大な岩山)の頂上に着く。

 南向き斜面には砂岩が露出し、丘の上から眼下の景色を眺める。

Img_70767

 南の方向。三角形の山は、石灰岩の採掘がおこなわれている「武甲山」(標高1,304m)。

Img_7073

 滑らないよう注意しながら砂岩の丘を下ると、もと来た山道に戻りこれが周回の散策コースとなっている。

 眼下中央の広場左手に駐車場。乗って来たマイクロバスが見える。

Img_7079

 カタクリの後は、4月は桜や5月のツツジが美しいそうだ。

 カタクリの里の駐車場を11:00発。南下して再び荒川を渡り、秩父市山田の秩父四番札所「金昌寺」に11:35着。

 

●金昌寺の石仏

 秩父三十四ヶ所観音霊場の中で、札所4番・金昌寺(きんしょうじ)。

 ここは1,300体の石仏のあるお寺として名高い。また秩父札所の中でも、紅葉スポットとしても知られている。

 立派な二層式の山門には、一対の大わらじ。

Img_7093

 境内の石仏は、宝永年間から江戸、北陸、山陰、山陽を問わず全国的に 分布する信者により菩提供養のため奉納されたそうだ。奥の院から山門まで一巡して拝観できる。本堂に向かう道の両側にも、石仏が配されている。

Img_7099

 石仏群は、県指定民族資料。本堂は三間四面、様式は唐風の江戸中期の建築。本尊は、高さ107cmの 十一面観世音立像(石像)で、室町時代の行基菩薩の作といわれている。行基は、室町時代ではなく、奈良時代の僧侶だったはずだが・・・。

 本堂右手には、江戸の豪商が寄進した「子育て観音像」(慈母観音)の石仏が安置されている。

Img_7100

Img_7100p

 膝に抱く赤子に乳房をふくませようとする観音様は、現実世界の母子の姿に似て珍しい。やさしいまなざしは、見る者の心を癒してくれる。子宝、子育、婦人病などにも御利益があるそうだ。

 本堂に掲げられた金昌寺の縁起図「荒木丹下」。

Img_7107

 悪人・荒木丹下を観世音菩薩が娘巡礼に身を変えて仏の慈悲を教えて改心させ、大善人とならしめた。不思議な霊験なり。

 本堂裏の石仏。

Img_7106  

 「金昌寺」を11:55発。ここから、1Kmほど県道11号を北に走った先、横瀬川沿いの「秩父茶屋」に12:00着。

 昼食、十割蕎麦天ぷら膳1,320円。

Img_7113

 「秩父茶屋」を13:00発、ここから北上して外秩父の山域を越え、東秩父村の大内沢へ入る。
 
 
●大内沢の花桃の郷

 「花桃の郷」の近くの駐車場に13:45着。ここから先は、マイクロバスが通りにくい、狭い坂道。バスから降りて700mほど登ると、南向き斜面に広がる「花桃の郷」。ここにも無料の駐車場があるが、乗用車しか入れない。近くに東屋や長い階段のある展望台。

 「桃源郷」と称される東秩父村の代表的な春の名所「大内沢の花桃の郷」。

Img_7138

 地域農民が荒廃した農地を活用して始め、現在5,000本の花桃が植えられているという。

Img_7139

Img_7153

 花桃のほかに、周囲には黄色いヤマブキや赤い花を咲かせる樹木が目立つ。

 あとで調べると、この花は瓜に似た実をつけるのでボケ(木瓜)。

Img_7156

 ボケはバラ科で、3~4月に開花。桜・梅・桃と同時期なので、間違えやすいそうだ。花の色は赤、白、ピンクなど、枝にトゲがある場合とない場合があるという。

 「花桃の郷」を14:40発、県道11号を南下。


●和紙の里

 「和紙の里」に14:50着、ここで休憩20分。

Img_7161

 東秩父村は、ユネスコ無形文化遺産に登録された、1,300年の伝統を有する手漉き和紙「細川紙」の産地。

 ここ東秩父村の和紙の里は「道の駅 和紙の里 ひがしちちぶ」として、2016年(平成28年)にオープン。休憩や地元のそば・うどんなどの食事処、手漉き和紙体験やワークショップ、そば・うどん打ち体験、和紙製品などの特産品や農産物の買い物を楽しめる。

 江戸時代末期に建てられた紙漉き家屋を移築・復原した建物(写真中央の茅葺の家)は、土間に入り見学ができる。

Img_7163

 和紙の里を15:20発、出発地の駅前に15:45着。

2019年4月 3日 (水)

奥武蔵・棒ノ嶺

  2019年3月23日(土)、奥武蔵の棒ノ嶺に登る。


 「棒ノ嶺」(ぼうのみね)は、東京都奥多摩町と埼玉県飯能市の境、奥武蔵と呼ばれる1,000m前後の山域にある。奥多摩側から登るコースもあるが、アクセスの良い飯能側から登る。もう若い時に登って以来の山で、標高は969m。

 棒ノ嶺は別名、棒ノ折山(ぼうのおれやま)とも呼ばれる。鎌倉時代初期の有力御家人で坂東武士の畠山重忠が、鎌倉幕府への道中の山越えで使っていた杖がここで折れたという伝説に因む。

 強い寒気の影響で23日は各地で気温が下がり、関東地方では5月下旬並みの暖かさとなった22日から一転して最高気温が15度前後低くなり、真冬並みの寒さとなったところもあった。
 

 8:00、参加者4人は乗用車に乗り合わせて出発。途中、日高市内のコンビニで昼食の弁当購入。飯能市街から入間川に沿って上流へ向かって、県道70号線を西へ、県道53号線を北上する。
 9:25、下名栗の「さわらびの湯」近く、お休み処「かわせみ」の駐車場に到着。トイレあり、登山装備の準備、すtれっち。

 9:35、登山開始。舗装された車道を進むと、やがて石を積み上げた「有間ダム」が現れる。

Img_0984

 ダム堤頂から名栗湖を望む。

Img_0985_1

 堤頂道路を歩き、湖面を右手に見ながら湖岸道路を進む。

Img_0987

Img_0988_1

 ダムの取水口。
Img_0989

 10:05、道路の左手に白谷沢登山口。ここは、標高331m。登山開始。気温は8℃。

Img_0990
 
  この「白谷沢コース」の登り始めは、急斜面の杉林が続く。

Img_0996

 やがて左手に白谷沢を見ながら登ると10:35、3つある滝の一つ「藤懸の滝」が現れる。ここで休憩。

Img_1002

 この先は、険しい渓谷を急登。奇岩が両岸から迫る。

Img_1012

Img_1018

 鎖やロープを伝って登る。

Img_1022

Img_1030

 水量が少なかったせいか、「天狗の滝」と白いクジャクが羽を広げたような「白孔雀の滝」は、気がつかなかった。

Img_1032

 白谷沢を抜け、白い物がチラホラ降りだす。林道を渡りベンチで休憩。

Img_1039
 
 休憩後、再び急勾配の木立の登山道をひとしきり登る。
 
 11:55、5mほどもある巨岩の「岩茸石」(いわたけいし)で休憩。ここは標高793m。気温4℃まで下がる。

Img_1047

 「岩茸石」で3方に分かれる。東側が「名栗温泉」へ下る道、北東側(岩茸石の裏側)が帰りに通る「さわらびの湯」方面。西側の登り道を進む。

 気温が下がっているのは、高度が上がっているせいもあるが、低気圧が近づいているようだ。白いものは霰(あられ)のような粒雪。 

Img_1050

 丸太の階段は、土砂が雨で流され歩きにくくほとんど使えない。

Img_1052

 12:30「ゴンジリ(権次入)峠」、893m。気温は3℃、寒い。木立の間から名栗湖が眼下に。

Img_1056 

 この先は尾根道。登山道の左手は東京都の杉やヒノキの林、右手は埼玉県のカエデなどの雑木林。 

Img_1061

 あられが強く降りだし、登山道を白く覆い始める。

Img_1064
 
 最後のきつい急坂を登りきれば、12:50棒ノ嶺の山頂969m。ベンチ、テーブルや東屋(あずまや)のある公園のような広場。
Img_1069
 気温は1~2℃。寒い中震えながら、昼食。

Img_1079

 寒くて眺望を楽しむ余裕がなく、25分ほど滞在して下山開始。

Img_1095

 「岩茸石」の分岐まで戻り、岩の裏側をまわり、登りとは別ルートの「さわらびの湯」(河又)方面へ。長い杉林の「滝の平尾根」の急坂を下る。

 いつの間にか雪は止んでいて、風が吹き出す。
 
 杉木立の中をしばらく歩くと「白地平」。木々の間から名栗湖の湖面がよく見えるが、息が上がっていて写真と撮る余裕が無い。

Img_1103

 木の根が露わな長い杉林の急坂の下りも、楽ではない。そのうちに膝に負担がかかって、膝が痛くなり踏ん張れなくなる。  

 15:40、やっと民家の裏庭に出る。ここが河又か? 気温はだいぶ上がってきて、8℃~10℃。
   
 15:45、「さわらびの湯」近く、お休み処「かわせみ」の駐車場に到着、登山靴を履き替え10分休憩。
    
Img_1109

 15:55、日帰り天然温泉「さわらびの湯」で汗を流す。入浴料800円。

Img_1111
 
 17:20、「さわらびの湯」を出て帰路へ。

 18:55、帰宅。
 

 渓谷美、沢登り、眺望が満喫できるという「棒ノ嶺」。名栗湖を経て、長い杉林の急斜面が少し飽きたころ、奇岩のある渓谷を急登。鎖・ロープもあってスリル満点の岩登り。岩ゴロゴロの山道、杉の根の露わな山道など、変化に富んだコースだった。山頂では気温が下がってあられが強くなり、眺望を楽しむ暇なく下山した。秩父・奥武蔵の山々、視界が良ければ榛名山、谷川岳、赤城山、北に男体山などの日光連山。東に川越・所沢の市街、遠く池袋・新宿などを遠望できるそうだ。 

   
 ★ ★ ★

「さわらびの湯」は、名栗村体験交流センターとして村営日帰り温泉だった。名栗村は、埼玉県の南西部に位置する入間郡の村だったが、2005年1月に飯能市に編入合併された。現在、名栗さわらびの湯共同事業体が運営しているようだ。圏央道狭山日高ICから車で約45分、西武池袋線飯能駅からバスで約45分、さわらびの湯バス停下車。 

 温泉は、無色透明、無臭のアルカリ性単純泉。地元「西川材」を使った木の香り漂う木造(ロッジ風)の建物。食事のサービスが無いが、持ち込みで食事は可能だそうだ。登山帰りに利用できる素朴でシンプルな施設。入館料800円。

 

 関連ブログ記事

 「奥武蔵・蕨山」 2014年4月30日投稿

  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-1823.html

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック