無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の3件の投稿

2018年10月22日 (月)

宇都宮と大谷石

 2018年10月14日(日)、栃木県の宇都宮市へ行く。大谷石採石場跡や宇都宮城址をめぐり、多気山(たげさん)に登る。

  
 レンタカー(ハイエースワゴン)に参加者8人を乗せ、東北道を北上。8:55宇都宮ICで高速を降りる。国道293号線を南下、宇都宮の中心街から北西の方角7Kmほどに位置する大谷石(おおやいし)のふるさと・大谷町に着く。

 ここは、日本最古といわれる磨崖仏(まがいぶつ)の「大谷観音」や、大谷石の地下採石場「大谷資料館」がある。宇都宮市を代表する歴史文化資源である「大谷石文化」をテーマとして、今年(平成30年)5月に「日本遺産」の認定を受けた。

 9:10、市営大谷駐車場に車を駐め、予約していた観光ガイドと合流。ガイドの案内で県道188号線(大谷街道)を横断、大谷石を利用した石畳の参道を歩くと「大谷公園」。ここは、大谷石を産出する露天の採石場であった。

 大谷石に彫刻された高さ27mの「平和観音」像。

Img_3555

 この辺りは、独特の地形と松や広葉樹の樹木と相まって、趣のある景観をかもしだしている。地質は、 日本列島の大半がまだ海中にあった新生代第三紀の前半、火山が噴火し火山灰や砂礫が海水中に沈殿し、それが凝固してできた凝灰岩とされる。

 参道の途中には、天狗が投げたという「天狗の投石」という奇岩がある。

Img_3544

 他にもカエルの後姿に似た大岩「親子かえる」、巨大な磨臼(すりうす)のような「スルス岩」などがあった。

 「平和観音」像を正面から見る。

Img_3566

Img_3558

 観音像は、太平洋戦争の戦死戦没者の供養と世界平和を祈って造られた。1948年(昭和23年)から大谷観光協会と地元の熱心な後援のもとに採石場の壁面を利用し、岩肌に観音像が刻まれている。東京芸大・飛田朝次郎教授が彫刻を指導、6年の歳月をかけ大谷の石工達が製作、1954(昭和29年)に完成したという。

 「平和観音」は、背後にある「大谷寺」の「大谷観音」の御前立(おまえだち)として、建立された。

 9:40、「大谷観音」のある「大谷寺」の仁王門をくぐる。拝観料400円。仁王門が工事中でネットで覆われていたので、看板の写真を撮影したものを掲載。後ろの奇岩の山は、「御止山(おとめやま)」。

Img_3692

 「大谷寺」の観音堂は、坂東三十三箇所の第19番札所。葵の御紋がある。「大谷寺」は、国の特別史跡および重要文化財に指定されている「大谷磨崖仏=大谷観音」の所有者。

Img_3577mos

 「観音堂」は、洞穴に潜り込んだような造りの洞窟寺院。写真は、ウィキメディアコモンズ。

Utsunomiya_oyaji_temple

 入堂すると、「大谷観音」と称するご本尊の千手観音(高さ4m)が、岩肌に彫り出されている。

Img_20181017_11

 千手観音は、平安時代(810年)弘法大師の作と伝えられている。昔は、朱や漆を塗り、表面には金箔が押され、金色に輝いていたそうだ。最新の研究では、バ―ミヤン石仏との共通点が見られることから、実際はアフガニスタンの僧侶が彫刻したと考えられている。シルクロ―ドの世界が「大谷寺」に生きているという。

 脇堂には、釈迦三尊像、薬師三尊像、阿弥陀三尊像などの磨崖仏が並ぶ。

Img_20181017_12

 本尊の千手観音と脇堂の仏像の合計10体の石仏は、西の臼杵磨崖仏(大分県)に対して東の磨崖仏として知られている。堂内は撮影禁止で、上の2つの写真は、「大谷寺」パンフレットより転載。

 次に宝物殿を見学するが、ここも撮影禁止。

 特筆すべきは、「大谷寺」の洞窟で発掘された古代遺跡。古代人が生活した痕跡が認められている。洞穴内の深さ3mの地層からは、屈葬されたほぼ完全な形の縄文人の人骨が出土した。

 このことから、「大谷寺」の洞窟は元々縄文人の横穴式住居であったものと考えられている。この人骨は20代くらいの男性で身長154cm。1998年(平成10年)にお茶の水女子大松浦秀治助教授らの学術調査で、縄文時代草創期(約1万1千年前)の人骨とされている。

 宝物殿の外に出ると庭園、池には赤い弁天堂があり、白蛇が祀ってある。

Img_3579mos

 「大谷寺」を出て、徒歩で「大谷資料館」に向かう。

 「大谷寺」のすぐ北隣には、山の神・大山祇命(おおやまつみのみこと) を祀る「大山阿夫利(おおやまあふり)神社」。鳥居、祠などすべて大谷石で造られている。山の仕事(採石作業)の安全を祈ったのだろうか。

Img_3591

 大谷石奇岩群の「御止山」(おとめやま)の断崖。右手は、大谷景観公園。

Img_3597

 「大谷資料館」前の駐車場。団体観光客も多い。

Img_3600

 10:40、「大谷資料館」に入場。ここは、大谷石の地下採石場の入口。入場料800円。

Img_3598mos

 展示室には、大谷の地質、手掘り時代の採掘道具、露天掘りや坑内掘りの採掘形態、大谷石の搬出・輸送の移り変わり、機械化した採掘機などが展示・解説されている。

 地下30mの巨大な地下空間、階段を降りて大谷石地下採石場跡を進む。

Img_3607

 ツツハシを持った手掘り作業の人形。

Img_3609

Img_3615

 現在は、この空間が美術展やコンサート映画撮影、結婚式などのイベントなどに利用されている。

Img_3620

Img_3636

Img_3646

 機械掘りの跡。

Img_3644

 この空間は、運搬用のトラックが入る通路につながっている。

Img_3660

 地下水が溜まっている場所。

Img_3664

Img_3678

 切り出した大谷石の集積場。

Img_3679

 採石用の機械。

Img_3681

 まるで地下神殿。

Img_3685

 宇都宮には「大谷石」の採石場がたくさんあって、昭和の時代まで 掘り出して出来た巨大な地下空間があちこちに残っている。この地下採石場は、平均で深さ30mくらい、空間の広さはあわせて2万平方m、野球場くらいあるそうだ。地下の平均気温は8℃だそうだが、この日は13℃だったが、上着が欲しくなる。


 1時間ほどの見学の後、11:40「大谷資料館」を退出。市営大谷駐車場に戻る。

 

 そこから車で5分ほどで、「多気山(たげさん)不動尊」の参道沿いの「桃畑茶屋」に着く。

Img_3701

 12:00~12:50、「桃畑茶屋」で昼食。うどんや蕎麦を注文、名物のだんごも味合う。 

Img_3696

 ここから、狭い参道を更に車で上ると、多気山(標高377m)の山腹に「多気山不動尊」(多気山持宝院)があり、不動明王を祀られている。822年(弘仁13年)の創建だという古刹。

Img_3704

 不動尊の駐車場に車を駐め、13:00「多気山(たげさん)」へ登山開始。

Img_3709

 杉林の中をひたすら登る。

Img_3712mos

 13:25、「多気山」の山頂に到着。

 「多気山」は下野の霊場でもあり、また山域一帯は戦国時代に宇都宮氏が出城や居城として使用したが、改易とともに廃城となった。山頂は、平らな本丸跡で、東屋(あずまや)がある。

Img_3723

 多気山の山頂(標高377m)から宇都宮市街を展望。

Img_3735

 「多気山」の山名は、「たけ」(岳、嶽、嵩)が濁ったとされる。動詞の「たける」(長ける)で高所、高山を意味するという。また一説に、霊気が多い山ということから名付けられたとも。

 13:40、下山開始。

 

 「多気山不動尊」の駐車場から、約10Km、市の中心街の「宇都宮城址公園」西側の市役所東駐車場に車を駐める。14:40、公園の入場。イベントをやっているらしく周辺は混み合っている。

Img_3751mos

 宇都宮城址の本丸の北半分が復元されている。土塁の上の清明台櫓。

Img_3753mos

 清明台櫓に上り、富士見櫓を望む。

Img_3755

Img_3757

Img_3761

 本丸広場では、第13回「うつのみや食育フェア」が開催中だった。

Img_3754

 宇都宮城本丸の模型。土塁に囲まれた本丸の中央の御成御殿(写真中央)に日光東照宮参拝の将軍が宿泊した。藩主の屋敷は、本丸の外側の二の丸にあったそうだ。

Img_3763

 宇都宮城は、関東七名城の一つ。平安時代に築かれ、鎌倉時代以降は宇都宮氏の居城だった。しかし豊臣秀吉に滅ぼされ、次に徳川家康の懐刀の本田正純が入城し、城や城下の改修などを行った。しかしその後の城主は、譜代大名がこまめに入れ替わっている。

 なお宇都宮氏族は、全国に分布している氏族だそうだ。本流の下野宇都宮氏のほか、庶流に九州の豊前宇都宮氏と筑後宇都宮氏、四国の伊予宇都宮氏などが有名。

 

 宇都宮城址公園を出て、徒歩10分(15:25)で大谷石で造られた「カトリック松が峰教会」に到着。「ブラタモリ」でも放映していたが、ここにはパイプオルガンが設置されていて、大谷石の音響効果がとても良いという。

 この日15時から、毎年恒例のパイプオルガンコンサートを開催中のため、予定していた聖堂内部の見学ができなかった。

Img_3768

 この教会は、近代ロマネスク建築。1931年(昭和6年)に着工、翌年完成した鉄筋コンクリート造り、大谷石仕上げ、2つの尖塔部は銅板葺き。コンクリート製の教会では、日本で最も古いとされる。

Img_3771

 市役所東駐車場に戻り、15:45出発。

 東北道鹿沼ICから帰路へ。

 

 ★ ★ ★

 餃子で有名な宇都宮は、栃木県の県庁所在地で人口50万人の大都市。東京から直線で100Km、新幹線で50分。

 9月22日(土)、午後7時30分〜放送されたNHK番組『ブラタモリ』#112を視聴した。テーマは、「宇都宮~宇都宮は“江戸”に欠かせない町?」。

 「二荒山(ふたあらやま)神社」が、下野国(しもつけのくに)の最も格式の高い神社である意味の「一の宮(いちのみや)」と呼ばれていたのが、訛ったというのが宇都宮の由来。しかし、他にもいくつか説があるそうだが。

 まずタモリは「二荒山神社」へ行く。この神社は、宇都宮市中心部の高台(標高135m)に鎮座、つまり宇都宮丘陵の突端に位置する。江戸から仙台に向かう街道と会津・米沢に向かう街道の分岐点であり、江戸の北への守りの拠点だったと聞いて納得。宇都宮は、二荒山神社の門前町であり宿場町しても発展してきた。つまり、宇都宮は関東平野の”ヘリ(縁)”にあるのだ。

 将軍が日光東照宮に参拝するために、宇都宮城の本丸御殿に宿泊したという。そのため、城主は二の丸に居住したというのは面白い。将軍に随行するお供たちが宿泊するため、高台にある日光街道沿いに町が栄え、普通はお城よりも低い場所に造られる”城下町”だが、宇都宮では町が城よりも上にあるという”城上町”となっているのも面白い。これらのことから、江戸幕府が宇都宮を重視し、副題の”江戸”に欠かせない町だとの理由がわかった。

 次にタモリは、大谷石で造られた「カトリック松が峰教会」に入る。大谷石が、教会のパイプオルガンの音響に効果的なことは想像できた。味わい深い表面と柔らかく加工し易い高級石材の大谷石は、帝国ホテルや築地本願寺など明治以降の東京の町づくりを支えた石材であったという。

 そしてタモリは、大谷石の地下採石場に入り、ゴムボートに乗って地底湖を探検。採石のためなぜ坑道が斜めになっているか、”ミソ”と呼ばれる大谷石の不純物の話を聞いて納得。その地下空間の冷水を汲み上げ、ビニールハウスで特産品の「とちおとめ」の栽培に生かされていることは、初めて知った。

2018年10月19日 (金)

森林公園のダリア花園

 2018年10月13日(土)、国営武蔵丘陵森林公園に秋の花の鑑賞に行く。
 
 

●都市緑化植物園のダリア花園

 園内には数10種類のダリアが咲き誇っていて、その一部を掲載する。品種名は、ダリアの図鑑などを見ながら撮影した花の同定を試みた。しかし、あまりにも似た品種が多くて、判定が難しく正確さに欠ける。

 朝光(あさひかり、手前)と越後小町(奥)

Img_3435

Img_342830

 あずま紅(あずまべに)

Img_3451

 これもあずま紅?

Img_3449

 雪椿

Img_3437

 純愛の君

Img_3367

 祝花(しゅくか)

Img_3395

 インフォーマルファイヤー

Img_3396

 アンブリュッケンフェルダー

Img_3404

 黒蝶

Img_3420

 恋祭り

Img_3350

 珠玉(しゅぎょく)

Img_3366

Img_3407

 初化粧

Img_3387

 白夜の太陽

Img_3357

 大草原

Img_3439

 ポートライトペアビューティ

Img_3362

 山開き

Img_3402

 リフレッシュ?

Img_3383
 

●都市緑化植物園のボーダー花壇

 イヌサフラン(コルチカム)、ユリ科。クロッカスやサフランに似ているが、雄しべの数や形状が異なる。

Img_3465


●都市緑化植物園の針葉樹園

 小ぶりな原種シクラメン、サクラソウ科。秋咲のシクラメン・ヘデリフォリウムが見頃。

Img_3336

 早春(2月ごろから)は、同じ場所にシクラメン・コームが咲く。

 
●運動公園

 50万本のケイトウ花畑。赤、ピンク、黄色の羽毛ゲイトウ。ヒユ科の一年生植物。

Img_3541

Img_3498

 花穂がニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれる。

 昨年まで、西口ひろばに羽毛ゲイトウが咲いていたが、今年は運動広場に移されたため、例年あったコキアは今年は栽培を休んでいるらしい。

 台風24号の影響で、花畑の下半分(斜面下側)は株が倒れていた。花畑目の上半分は木々で囲まれているせいか、比較的状態は良い。

 

 羽毛ゲイトウ花畑のすぐ横にある、10万本の赤ソバの花畑。2015年からここの花畑に登場した。

Img_3527

Img_3519

 

 信州伊那高原(長野県箕輪町)の赤ソバ畑は有名。

 「赤そばの里と奈良井宿」(2014年10月2日投稿)については、次の関連ブログ記事を参照。 
 

 

 関連ブログ記事

  「森林公園の新緑と花-その2」 2018年4月29日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-56a7.html

  「森林公園の新緑と花-その1」 2018年4月28日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-417e.html

  「森林公園の春の花」 2017年4月26日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-fd4d.html

  「森林公園の初夏の花」2016年6月4日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-f26b.html

  「赤そばの里と奈良井宿」 2014年10月2日投稿
   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-a79f.html

 

 ★ ★ ★
  
 ダリア(英名: dahlia)は、キク科ダリア属の多年性植物で、メキシコ原産。18世紀にスペインに導入されてから、長い年月をかけて品種改良が行われて、多種多様な花色や花容の品種が作り出されている。バラやチューリップと並び、色のバリエーションに富む。

 日本には、1842年(天保13年)にオランダから長崎に持ち込まれた。和名は、ボタンに似ているため、テンジクボタン(天竺牡丹)。明治になって「ダリア」と呼ばれるようになって、明治30年頃から栽培が盛んになったそうだ。

 撮影したダリアの品種名の同定がうまく出来なかった。植物の撮影時に、植物名プレートも一緒に撮影すべきだったと反省。

2018年10月13日 (土)

八ッ場(やんば)ダム

 2018年9月28日(金)、「八ッ場(やんば)ダム」工事現場のナイトツアー。

 

 群馬県長野原町にて建設中の「八ッ場ダム」の夜の見学会(団体向け)に、貸切バスで行く。台風24号が沖縄に接近している。この日は、運よく関東甲信は高気圧に覆われて晴れ。天気予報では、明日から本州付近に前線が停滞し、雨や雷雨で激しく降る所も。

 2020年3月の完成を目指し、まぶしいほどのライトに照らされ、浮かび上がる工事現場。24時間体制でダム本体のコンクリートを流し固める打設作業が行われている。

Img_2995

 「八ッ場ダム」は、利根川支流の吾妻川中流部、群馬県吾妻郡長野原町で建設が進められている多目的ダム。形式は重力式コンクリートダムで、高さは116m、堤頂長291m、総貯水容量1億750万立方米。事業主体は、国土交通省関東地方整備局。完成すれば関東1都5県(神奈川県を除く)の9番目の水がめとしてのダムとなる。
 
 集合場所を15:45に出発したバスは、関越道を北上。上里SAで休憩、夕食のおにぎりを購入。

 17:25渋川ICで関越道を降り、国道17号線を北上し、国道365号線(鯉沢バイパス)を利根川支流の吾妻川に沿って西北へ。途中、中之条町でセブンイレブンで休憩、国道145号線を西進する。

 長い松谷第二、第一トンネルを抜けて、道の駅「八ッ場ふるさと館」に18:45到着、20分ばかり休憩。

Img_0237

 この時刻の道の駅は、農産物直売所や食堂などの施設は閉店、ヤマザキショップ(コンビニ)だけが開いていた。

Img_0234

 昨年、志賀高原に行く途中で寄った時、ここの「八ッ場ダムカレーパン」を食べたことを思い出す。

 休憩後、今来た道を2Kmほど戻り、右に折れて「八ッ場大橋」を渡る。19:10、吾妻川の右岸にある「なるほど!やんば資料館」に到着。

 暗くてよく分からなかったので、国交省八ッ場ダム工事事務所のホームページから「なるほど!やんば資料館」の昼間の写真を引用。中央の小さなプレハブが資料館。奥の2階建て建物は工事業者の事務所。

000629365

 資料館で19:30から10分ほど、スライドを使った「八ッ場ダム」の概要説明を聞く。

 バスで右岸をダムに向かって700mほど移動、立ち入り禁止ゲート前で下車。ここから作業現場までの300mほど、案内人の後をついて歩く。

 20:00、作業現場に到着。

Img_2922

 ダムを見下ろす見学者用のビュースポットへ。

Img_2925

 工事中のダム堤体を見下ろす。堤頂部は、今立っている位置までコンクリートが打設される。左手が上流部でダム湖となる。

Img_2923

 3基の巨大なクレーン。ダムの底部はマッチ箱。

Img_2929

 対岸(左岸)に見えるコンクリート製造設備と骨材(石や砂)を運ぶベルトコンベアー。

Img_2959

 資材をケーブルクレーンで運搬、堤頂部に降ろす。

Img_2948

Img_2953

 漏斗のようなホッパー(写真下)の下には、ミキサー車が並んでいるのが見える。

Img_2944

 稼働してなかったが、たぶんケーブルクレーンに吊るされたバケットで生コンが運搬され、ホッパーに投入されるようだ。

 右岸にあるケーブルクレーンのアンカー(支柱)。

Img_2938

 およそ30分間、20:30見学終了。この間、撮影しながら案内人からの説明を聞いていたが、あっという間に終わった。

 20:40、バスで出発。往路逆順で帰路へ。

 自宅着は、23:45頃。

 

 本ブログの関連記事「紅葉の志賀高原-その2」 2017年11月30日投稿

   http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-d635.html

 

 ★ ★ ★ 

 1952年(昭和27年)の計画発表から66年、地元の反対、計画延期や工事中断など、63年もの紆余曲折を経て、ついに2020年(平成32年)の完成を目指して、2015年(平成27年)にダム本体の工事が始まった。

 いよいよ工事もクライマックス、国交省や地元自治体はこのダムに対する国民の理解を得ようと、また地元の観光振興のためであろうか、マスコミはもとより一般にも工事現場の見学会に力を入れているようにも見える。いずれにせよこのダム工事の現場を見て、いかにこの国家プロジェクトに莫大な税金が注ぎ込まれるいるかを実感する。

 

 平成30年4月からは、予約なしで気軽に見学できる「八ッ場ダムぷらっと見学会」を開催している。
 
 ・開催日:4月2日~11月30日 木曜日定休(木曜祝日は開催)
 ・開催回数 平日:1日2回、土日祝祭日:1日5回
 ・見学時間:40分程度、定員:40名程度(先着順)

 昼間の見学会チラシの一部。

_11

 また毎月限定日に、予約不要で"夜にもぷらっと"、ダム工事を見学出来る。

 ・開催日:4月~11月 第3土曜日、10月~11月 最終金曜日
 ・開始時刻:4月~9月 19:30、10月~11月 17:30
 ・見学時間:50分程度、定員:40名程度(先着順)

 夜間の見学会チラシの一部。

_11_2

 今回筆者が参加したのは、予約が必要な団体向けの見学会で、上記の個人向け見学会とは若干異なる。昼・夜、個人・団体、いずれの見学コースも無料。

 今回の夜間見学(団体向け)チラシの一部。(クリックすると拡大表示)

_21

 ナイトツアーでは、参加者に以下のような資料が配布された。

 ①「やんばツアーズ」参加証明書。

Photo

 裏面に日付のスタンプ。別日付で5 枚集めると特典があるそうだ。

 ②八ッ場ダムカード ダムの紹介カード。

Photo_2

 工事の進捗に応じて、図柄が変わるという。地元13店舗で、このカードを見せるとサービスが受けられるそうだ。ダムカードは、国土交通省と独立行政法人水資源機構が管理するダムなどで配布されている。裏面にダムデータが記載されている。

 ③八ッ場ダムの基盤の石「八基石」。

Img_0216

 八ッ場ダムの下で、ダムを支える基盤となっている岩石を小割(3~6cm程度)にしたもの。川原湯神社で御祈祷したそうだ。八ッ場ダムの「八」とダムの台形の形は、「末広がり」を意味するという。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック