無料ブログはココログ

« 初秋の上高地 | トップページ | 八ッ場(やんば)ダム »

2018年9月25日 (火)

秩父・琴平丘陵

 2018年9月22日(土)、琴平丘陵(埼玉県秩父市)ハイキング。

 

 秩父のシンボル「武甲山」(標高1304m)の山麓に、南北に続く丘陵地帯「琴平丘陵」は、ハイキングコースが整備されている。影森駅を出発、雑木林、杉林の尾根道には護国観音、岩井堂、長者屋敷跡へとアップダウンが続き、三角点のある場所は398.8m。鎖場・ロープ・鉄梯子が必要な岩場もある「修験の道」。桜や芝桜で有名な「羊山公園」を経由し、終点は西武秩父駅。標準歩程は、約7Km、2時間40分。

 

 この日の秩父地方の天気予報は曇り、午後から小雨の予報。朝、家を出るとどんよりとした曇りだったが、次第に青空が見えて来た。10:51、秩父鉄道の影森駅で下車。

Img_0034

 11:10、ハイキングスタート。踏切を渡り、昭和電工の前から三峰口駅に向かう線路に沿って道を進む。駅から700mほど歩いた所、11:20秩父三十四所観音霊場の27番札所 「大渕寺(だいえんじ)」の入口。

Img_0043

 石段を登って、本堂に参拝する。

Img_0045

 さらに石段を上った先に、観音堂の「月影堂」がある。

Img_0048

 観音堂の裏山へ急坂の山道を登る。

Img_0050mos

 西の方角が開け、特徴のある台形の形をした奥秩父の日本百名山「両神山」(1723m)が顔を出す。

Img_0052

Img_0054mos

   きつい登りの後、11:40市街地を見下ろす位置に立つ「護国観音」。高さ15m。

Img_0064

 こんな大きい観音像を山中にどうやって設置したのだろうか。この辺りは「大渕寺」の裏山にあたる。観音様の正面は、秩父市街、奥秩父、奥武蔵の峰々の眺望が良い。

Img_0061

 「両神山」の右手に目を移すと、西上州の「二子山」(1166m)。写真左の三角形の山。

Img_0066

 西上州の山とされることもあるが、群馬と埼玉の県境で奥秩父に属する「二子山」は双耳峰、両峰ともに石灰岩からなる岩峰。低山とはいえ岩場を登る上級者向け。

 途中にロープの岩場ある雑木林の山道を登り下り。栗やどんぐりの実が落ちている。

Img_0069

   足元がちょっと危なかしい、鉄製の小さな橋を渡る。

Img_0070

 12:12、清水寺(京都)に似た「岩井堂」。ここは秩父札所26番「円融寺」 の奥の院。

Img_0076

Img_0081

 300段余りの石段を下ると「円融寺」に至るが、ハイキングコースはお堂の裏へと続く。

 12:20、仏国禅師の座禅石と伝えられる大岩。木陰に隠れていて良く見えないが。

Img_0083

 仏国禅師(または仏国国師)については、本ブログ記事を参照されたい。

  「秩父・大陽寺」 2013年5月22日 投稿
    http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-3386.html

  「秩父・大陽寺(つづき)」 2013年5月23日 投稿
    http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-3145.html

 

  12:21、突然コースに大仏座像や石灯籠が現れる。

Img_0086

 このすぐ先に「修験堂」があって納得。秩父修験者(行者)たちがここで修業した。

Img_0088

 この堂から鉄製の急な階段を降りる。

Img_0092_2

 「修験堂」は、巨岩の上にあったのだ。昔は縄梯子を使って登り下りしたのだろうか。

Img_0099

Img_0102

 「長者屋敷跡」と呼ばれる石碑の前に東屋(あずまや)が建ち、休憩によい場所だ。12:40~13:10、昼食・休憩。

Img_0108

 石碑には「長者屋敷 琴平神社林木園 下影森共有山賛助 紀元2630年」と書かれている。

Img_0106mos

 紀元2600年が1940年(昭和15年)だから、紀元2630年は1970年(昭和45年)にあたる。

  13:19、「大山祇神(おおやまつみのかみ)」の鳥居と祠。説明板によると、山の神で武甲山登山者や山仕事の村人ための守り神。当初「武甲山」山腹に鎮座していたが、石灰石の鉱区開発のため1985年(昭和60年)この地に遷座したという。

Img_0111

 この先にも歴史を感じる祠や石碑などがある。
 
 13:33、琴平丘陵のピークだろうか、標高398.8mの三等三角点。この先は下り。

Img_0118

 つづら折りの急勾配の坂道をひたすら下る。逆コースからだと、結構きつい登り。

Img_0119mos

 やがてせせらぎが聞こえ、13:48、沢のそばに山の神(?)の祠。沢の上流に沿って進む。

Img_0123

 13:51、「武甲山」登山口の碑。かつて武甲山登山者が利用した「裏山道」があった。石灰石採掘のため1985年(昭和60)から、この登山道は閉鎖されている。

Img_0126

 平坦な広い砂利道に下って来た。やがて民家の裏の山道を歩く。

Img_0133mos

 「熊出没注意」の黄色い看板のある分岐。ここから右へ「羊山公園」の丘陵に向かう。

Img_0135

Img_0137

 14:19、羊山公園の「芝桜の丘」付近、公園の馬場だろうか。 「武甲山」の眺めが良い。

Img_0143

  「武甲山」の左手に双耳峰の「二子山」(883m)も見える。群馬県境にある「二子山」と同名だが、こちらは奥武蔵「武川岳」(1052m)の峰続きにある「二子山」。

Img_0146

 やがて「羊山公園」の舗装道路となって坂道を登と、14:53秩父市街が一望できる「見晴しの丘」に到着。

Img_0153

Img_01602

 15:00~15:30、園内の「武甲山資料館」に入館。入館料200円。

Img_0168

 武甲山の地質、歴史、石灰岩、動植物、産業について展示、解説されていて勉強になった。

Img_0176

 秩父市には、ほかにも「秩父まつり会館」や「秩父ふるさと館」、「ちちぶ銘仙館」 など、他市に比べて資料館の数が多い。

 公園から市街地に至る出入口付近「牧水の滝」に、旅の歌人・若山牧水の歌碑があった。1920年(大正9年)4月、牧水が当地方を訪れて詠んだ。(写真をクリックすると拡大表示)

 「秩父町 出(で)はづれ来れば 機をり(機織)の うた聲つづく 古(ふ)りし家竝(いえなみ)に」

Img_0193

 「羊山公園」を出て、15:50~西武秩父駅前温泉「祭の湯」で日帰り入浴、汗を流す。入浴料1,080円(土日祝)。

Img_0198

Img_0200

 16:35~「祭の湯」の食事処「秩父湯台所」でハイキング慰労会。18:15、解散。

 それぞれ、西武秩父駅から18:25発の特急ちちぶ池袋行、秩父鉄道御花畑(おはなばたけ)駅から18:35発の秩父線寄居行に乗車。帰路へ。

 

 この日、秩父地方の天気予報は曇り、午後から小雨の予報もあったが、晴れて良かった。冷たい小雨で11月下旬並の気温だった前日の18℃にくらべ、当日の秩父の最高気温は29℃、平年並みだったようだ。

 岩が多く歩きづらい山道、アップダウンが連続していて、あまり楽なハイキングではなかった。蒸し暑さはあったもののほとんど林の中のハイキングで、直接陽射が届かなかったので助かった。

 琴平丘陵ハイキング軌跡(地図をクリックすると拡大表示)

Photo

 

 ★ ★ ★

 西武秩父駅前温泉「祭の湯」は、西武グループの会社。「西武園ゆうえんち」などの多数のアミューズメント施設を運営する「西武レクリエーション株式会社」(本社は所沢市)が経営。2017年4月24日にオープンしたばかりだったので、利用は初めて。露天風呂と内湯(高濃度人工炭酸泉、シルク湯、岩盤浴など)、おみやげなどの買い物、 食事(フードコート、レストラン、宴会)、ほぐし処(リラクゼーション)などの施設がある。
 

 「武甲山」の山岳地図を見ると、山頂に近くの分岐点に「長者屋敷ノ頭」というポイントがある。武甲山や琴平丘陵の「長者屋敷」の由来は、日本に広く分布する長者伝説の一つだろうか。

 富裕者(長者)の栄枯盛衰を語る伝説は、その長者が住んでいたという屋敷跡とか、黄金を埋めたとか、またはそのゆかりの地とか、長者の栄華が伝えられる場所がある。滅びた長者の財宝のありかが歌で知れる『朝日長者』、炭焼が黄金を得る『炭焼長者』、『わらび長者』、『わらしべ長者』などの長者の昔話が有名。琴平丘陵の「長者屋敷」は古城跡という資料もあるが、どんな長者の屋敷があったのか、気になる。
 

 「羊山公園」の入口には、「牧水の滝」として1,021平方mの日本庭園があり、この歌碑とともに人工滝、水車や池が造設されている。歌碑は、1955年(昭和30年)初秋に建立、夫人の若山喜志子の筆によるもの。隣には喜志子歌碑も並んでいる。

 宮崎県出身の国民的歌人・牧水は、大正時代に秩父を数回訪れている。大正9年4月の訪問では、熊谷から秩父鉄道に乗って長瀞(ながとろ)で宿泊。翌日秩父駅で下車し、徒歩で秩父市街(当時の秩父町)から妻坂峠を越え、名栗で宿泊。そして、飯能へと向かったという。

 秩父の町では、歩きながら家並みから機織りの音を聞いている。当時は絹織物「秩父銘仙」の生産が盛んであった。この歌は、歌集『くろ土』(大正10年)の「秩父の春」に収録されているそうだ。

« 初秋の上高地 | トップページ | 八ッ場(やんば)ダム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

秩父三十四観音は全て回りました。秩父はいつ行っても素晴らしいですね。今週からは雨模様で肌寒くなりましたね~。相当冷えており冨士山も冠雪しているとのこと。今日のような素晴らしい晴天で天高く安定の空が続いてほしいものです。週末はまた台風も来るようまた気が揉めますね。上高地は久しぶりに行きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父・琴平丘陵:

« 初秋の上高地 | トップページ | 八ッ場(やんば)ダム »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック