無料ブログはココログ

« 森林公園の春の花 | トップページ | 小説「火花」 »

2017年4月30日 (日)

全日本モトクロス選手権2017関東大会

 4月23日(日)、2017年「全日本モトクロス選手権」第2戦関東大会に観戦に行く。

 

 会場は、埼玉県川越市の県道51号線の入間川に架かる入間大橋、荒川に架かる開平橋に挟まれた河川敷にあるウエストポイント・オフロードヴィレッジ。

Img_2871

 係員の案内で河川敷に車を駐車(1,000円)。7時40分ごろ入場(当日券は大人4,000円)。

           
 全日本モトクロス選手権シリーズの2017年第2戦となる春の関東大会は、埼玉トヨペットカップとして4月22、23日の2日間にわたり、予選・決勝戦が開催された。選手権シリーズは、4月4、5日に2017年開幕戦(第1戦)の九州大会(熊本)をスタートに、全国で9戦まで行われる。ここ川越市の会場は、秋には第8戦も行われる。

Img_4657

Img_2907

Img_2950

 すでに7時20分頃から、下位クラスから順に公式練習が始まっていた。練習風景を見て会場を回り観戦スポットを下見、また有料観客席(1,000円)を確保する。

 9時から大会式典が始まる。大会会長の赤坂正人氏(関東モーターサイクルスポーツ協会会長)の挨拶。

Img_2945

 競技方法は、横一線に並んでスタートし、制限時間内に最も多く周回を重ね、最初にチェッカーを受けた者が勝者。競技時間はクラスによって異なり、トップレベルの国際A級の場合は30分+1周で行なわれる。

 コースは、急勾配や凸凹、急カーブがある1周約3Kmの野山や丘陵をイメージした舗装されないオフロード。決勝は2レース(ヒートという)制で、両ヒートの合計ポイントで総合順位が決まる。

 国際A級2500cc(IA2)クラスのマシンのゼッケンは、黒字に白文字。IA2は最高峰の国際A級450ccクラス(IA1)に次ぐクラスで、10代から20代の比較的若い選手が多い。

Img_3159

 ジャンプが高く上がり過ぎ、滞空時間が長いと時間ロスになる。

 バイクの走りに合わせてカメラを動かし遅いシャッター速度で「流し撮り」。

Img_3324

Img_3339

Img_4169

Img_4074

Img_4036

Img_3241

 国際A級2500ccクラス(IA2)クラス、ヒート1の表彰式。優勝から3位までにトロフィーと賞金が贈呈、このあと勝利インタビュー、シャンパンファイトがある。

Img_4198
 

 国内最高峰の国際A級450cc(IA1)クラスは、赤字に白文字のゼッケン。

 土煙を撒き上げたIA1クラスのスタートダッシュ。

Img_4219

Img_3440

Img_3761

 フィニッシュゲート付近をジャンプで通過。

Img_4223

 白と黒のチェッカーフラッグが振られて、レース終了。フラグを受けた順に順位が決まる。

Img_3819

 エントリーが多い国際B級(IB OPEN)は250ccのマシンで争い、国際A級への昇格を狙う。レースは、20分+1周で2ヒート制。

Img_2986 

 転倒してコースから外れた選手は、この後レースに復帰した。

Img_2987

 国際B級(IB OPEN)ヒート1の表彰式でのシャンパン・ファイト。ライダーは中高校生くらいに見えるが、未成年でも勝利を祝ってシャンパンをかけあう。

Img_3130

 チャイルド(CX)クラスのスタート。マシンは50cc、ゼッケンは白地に赤文字。他のクラスよりも短いショートコース、1ヒート制。

Img_3844

Img_3920

 この子は後ろ髪が長いので女の子のようだが、3位に入った。

Img_3857

 参加選手は全員壇上に上がり、参加賞を受けていた。

 チャイルド(CX)のほかジュニア(JX)クラスがあるが、前日に決勝が終わったようだ。

 レディス(LMX)クラスは、1ヒート制で15分+1周。

 スタート前のコース1周のウォーミング走行で、転倒して担架で運ばれるライダー。

Img_4620

 レディスの正式スタート。マシンのゼッケンは白地に黒字。

Img_4634

 スタート直後に、再び2、3台が接触して転倒。すぐに起き上がれないライダーを、土煙の舞う中で、スタッフが救助する。

Img_4642

Img_4665

 

 昨シーズン、日本モトクロス史上最多となる11度目のチャンピオンとなった国内最強のIA1クラスの成田亮選手(36歳)は、通算150勝の目前でこの大会を迎えた。

 第1戦の熊本大会では、成田選手はヒート1で優勝したもの、ヒート2では山本鯨選手が優勝して、総合暫定1位を奪われた。

 第2戦の本大会では、ヒート1では成田選手が好スタート、山本選手がこれに続くが後半で成田を抜き優勝、成田が2位、新井宏彰が3位だった。ヒート2では、スタート直後の第1コーナーで多重衝突が発生して山本選手が転倒して遅れてしまう。新井選手が優勝、成田が4位でゴールした。

 成田選手は、本大会ヒート1、2とも優勝を逃したが、第1、2戦までの総合ポイントでは山本選手を抑えて暫定1位となっている。

 ゼッケン番号1番をつけたトップライダー成田選手のウィニングラン。

Img_4609

 帰りの駐車場が混まないうちに、15:30退場。
 

 ★ ★ ★

 4月4、5日に行われた2017年の開幕戦(第1戦)の九州大会では、大量の降雨によるマディコンディション(泥んこ)での波乱のレースとなったそうだ。

 今回の第2戦は4月22日(土)は夕方から夜にかけて雨が降ったが、決勝日の23日(日)は朝から晴れ、すぐに路面状況は回復してドライコンディション。最高気温19℃の初夏を思わせる陽気だった。本大会2日間で、約8,000名の観客が来場したそうで、土・日曜日とあって家族連れも多かった。

 この日は良い天気だったがゴム長靴は必須。多くの観客が長靴を履いている。河川敷のコースも観客席もダート(芝生や舗装なしの土のまま)で、あちこちに水たまりやぬかるみがある。

 観客席にも泥はねや土ほこりが飛んできて、それにエンジンの轟音がこのモータースポーツの醍醐味。好きでなければ、こんな環境の悪い場所には絶対来ないだろう。

 帰ったら、顔は日焼けして砂ほこりでザラザラ、それに花粉症がさらにひどくなってしまった。屋外の騒音の中で、場内をカメラ片手に動き回ったせいか、ドッと疲れが出る。

 

 関連ブログ記事 「全日本モトクロス選手権」 2015年4月22日投稿
  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-7493.html

« 森林公園の春の花 | トップページ | 小説「火花」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全日本モトクロス選手権2017関東大会:

« 森林公園の春の花 | トップページ | 小説「火花」 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック