無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の4件の投稿

2017年4月30日 (日)

全日本モトクロス選手権2017関東大会

 4月23日(日)、2017年「全日本モトクロス選手権」第2戦関東大会に観戦に行く。

 

 会場は、埼玉県川越市の県道51号線の入間川に架かる入間大橋、荒川に架かる開平橋に挟まれた河川敷にあるウエストポイント・オフロードヴィレッジ。

Img_2871

 係員の案内で河川敷に車を駐車(1,000円)。7時40分ごろ入場(当日券は大人4,000円)。

           
 全日本モトクロス選手権シリーズの2017年第2戦となる春の関東大会は、埼玉トヨペットカップとして4月22、23日の2日間にわたり、予選・決勝戦が開催された。選手権シリーズは、4月4、5日に2017年開幕戦(第1戦)の九州大会(熊本)をスタートに、全国で9戦まで行われる。ここ川越市の会場は、秋には第8戦も行われる。

Img_4657

Img_2907

Img_2950

 すでに7時20分頃から、下位クラスから順に公式練習が始まっていた。練習風景を見て会場を回り観戦スポットを下見、また有料観客席(1,000円)を確保する。

 9時から大会式典が始まる。大会会長の赤坂正人氏(関東モーターサイクルスポーツ協会会長)の挨拶。

Img_2945

 競技方法は、横一線に並んでスタートし、制限時間内に最も多く周回を重ね、最初にチェッカーを受けた者が勝者。競技時間はクラスによって異なり、トップレベルの国際A級の場合は30分+1周で行なわれる。

 コースは、急勾配や凸凹、急カーブがある1周約3Kmの野山や丘陵をイメージした舗装されないオフロード。決勝は2レース(ヒートという)制で、両ヒートの合計ポイントで総合順位が決まる。

 国際A級2500cc(IA2)クラスのマシンのゼッケンは、黒字に白文字。IA2は最高峰の国際A級450ccクラス(IA1)に次ぐクラスで、10代から20代の比較的若い選手が多い。

Img_3159

 ジャンプが高く上がり過ぎ、滞空時間が長いと時間ロスになる。

 バイクの走りに合わせてカメラを動かし遅いシャッター速度で「流し撮り」。

Img_3324

Img_3339

Img_4169

Img_4074

Img_4036

Img_3241

 国際A級2500ccクラス(IA2)クラス、ヒート1の表彰式。優勝から3位までにトロフィーと賞金が贈呈、このあと勝利インタビュー、シャンパンファイトがある。

Img_4198
 

 国内最高峰の国際A級450cc(IA1)クラスは、赤字に白文字のゼッケン。

 土煙を撒き上げたIA1クラスのスタートダッシュ。

Img_4219

Img_3440

Img_3761

 フィニッシュゲート付近をジャンプで通過。

Img_4223

 白と黒のチェッカーフラッグが振られて、レース終了。フラグを受けた順に順位が決まる。

Img_3819

 エントリーが多い国際B級(IB OPEN)は250ccのマシンで争い、国際A級への昇格を狙う。レースは、20分+1周で2ヒート制。

Img_2986 

 転倒してコースから外れた選手は、この後レースに復帰した。

Img_2987

 国際B級(IB OPEN)ヒート1の表彰式でのシャンパン・ファイト。ライダーは中高校生くらいに見えるが、未成年でも勝利を祝ってシャンパンをかけあう。

Img_3130

 チャイルド(CX)クラスのスタート。マシンは50cc、ゼッケンは白地に赤文字。他のクラスよりも短いショートコース、1ヒート制。

Img_3844

Img_3920

 この子は後ろ髪が長いので女の子のようだが、3位に入った。

Img_3857

 参加選手は全員壇上に上がり、参加賞を受けていた。

 チャイルド(CX)のほかジュニア(JX)クラスがあるが、前日に決勝が終わったようだ。

 レディス(LMX)クラスは、1ヒート制で15分+1周。

 スタート前のコース1周のウォーミング走行で、転倒して担架で運ばれるライダー。

Img_4620

 レディスの正式スタート。マシンのゼッケンは白地に黒字。

Img_4634

 スタート直後に、再び2、3台が接触して転倒。すぐに起き上がれないライダーを、土煙の舞う中で、スタッフが救助する。

Img_4642

Img_4665

 

 昨シーズン、日本モトクロス史上最多となる11度目のチャンピオンとなった国内最強のIA1クラスの成田亮選手(36歳)は、通算150勝の目前でこの大会を迎えた。

 第1戦の熊本大会では、成田選手はヒート1で優勝したもの、ヒート2では山本鯨選手が優勝して、総合暫定1位を奪われた。

 第2戦の本大会では、ヒート1では成田選手が好スタート、山本選手がこれに続くが後半で成田を抜き優勝、成田が2位、新井宏彰が3位だった。ヒート2では、スタート直後の第1コーナーで多重衝突が発生して山本選手が転倒して遅れてしまう。新井選手が優勝、成田が4位でゴールした。

 成田選手は、本大会ヒート1、2とも優勝を逃したが、第1、2戦までの総合ポイントでは山本選手を抑えて暫定1位となっている。

 ゼッケン番号1番をつけたトップライダー成田選手のウィニングラン。

Img_4609

 帰りの駐車場が混まないうちに、15:30退場。
 

 ★ ★ ★

 4月4、5日に行われた2017年の開幕戦(第1戦)の九州大会では、大量の降雨によるマディコンディション(泥んこ)での波乱のレースとなったそうだ。

 今回の第2戦は4月22日(土)は夕方から夜にかけて雨が降ったが、決勝日の23日(日)は朝から晴れ、すぐに路面状況は回復してドライコンディション。最高気温19℃の初夏を思わせる陽気だった。本大会2日間で、約8,000名の観客が来場したそうで、土・日曜日とあって家族連れも多かった。

 この日は良い天気だったがゴム長靴は必須。多くの観客が長靴を履いている。河川敷のコースも観客席もダート(芝生や舗装なしの土のまま)で、あちこちに水たまりやぬかるみがある。

 観客席にも泥はねや土ほこりが飛んできて、それにエンジンの轟音がこのモータースポーツの醍醐味。好きでなければ、こんな環境の悪い場所には絶対来ないだろう。

 帰ったら、顔は日焼けして砂ほこりでザラザラ、それに花粉症がさらにひどくなってしまった。屋外の騒音の中で、場内をカメラ片手に動き回ったせいか、ドッと疲れが出る。

 

 関連ブログ記事 「全日本モトクロス選手権」 2015年4月22日投稿
  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-7493.html

2017年4月26日 (水)

森林公園の春の花

 2017年4月21日(金)、国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県滑川町)に行く。
 

 関東では、4月中旬から夏日(最高気温20℃以上)や真夏日(最高気温25℃以上)が続くことが多く、「春」というよりもう「初夏」。

 森林公園では、4月22日から5月28日まで「わかばフェスタ」が開催中。その開催前日のこの日は、雨が降りそうな曇り空だったが、開花した花を探して園内をめぐる。 

 

 赤や黄色、白、ピンク色など様々な色のチューリップ。「中央口ゲート」付近のチューリップ花壇。

Img_2634

 「植物園展示棟」前のチューリップの花壇。

Img_2636

 チューリップはほとんどが、もう見頃を過ぎていた。

Img_2669

 一言で「チューリップ」といっても5,000もの種類のチューリップがあるそうだ。残念ながらその種類の名前までは確認できなかった。

Img_2676

 「植物園展示棟」前に咲いていた珍しいシラー・ペルビアナ。日本名は大蔓穂(おおつるぼ)、ユリ科で地中海沿岸原産。

Img_2697

 「西口ひろば」花畑では満開のネモフィラが、ブルーの湖のように一面に広がる。日本名は瑠璃唐草(るりからくさ)、ムラサキ科、アメリカ原産。

Img_2790

Img_2722

 園内各所にある林の中には、鮮やかな赤のヤマツツジ。

Img_2818

 「公園・庭園樹園」は、公園や庭園で使われている樹木が鑑賞できる場所。例年ここの花畑でチューリップが咲いていた。昨年2016年からルピナス畑となっている。咲き始めたルピナスの花が、ゆるやかな斜面に広がっている。

Img_2827

 フジ(藤)を逆さにしたような花の形から「ノボリフジ(昇り藤)」ともいうそうだ。

 下のクローズアップ写真は、同じ場所で2016/5/27撮影。

Img_5414

 広大な「運動広場」の花畑、赤・黄・白のアイスランドポピーがちょうど満開。

Img_2864

 写真上部に見える白いものは、日本一大きなエアートランポリン「ぽんぽこマウンテン」。

Img_2858

 日本名は、シベリアヒナゲシ(西比利亜雛罌粟)、ケシ科の植物。原種は、シベリア、モンゴル、中国の北部などに分布。英名のアイスランドは、シベリアと気候が似ているためで、アイスランド共和国とは関係ないそうだ。

 

 

 関連ブログ記事 「森林公園の初夏の花」2016年6月4日投稿

  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-f26b.html

2017年4月15日 (土)

熊谷桜堤の花見サンデー

 2017年4月9日(日)、埼玉県熊谷市の「熊谷桜堤」に行く。

 

 この日は朝方雨が降っていたが、その後はどんよりとした曇り。

 桜の満開で迎えた日曜日、「花見サンデー」は全国各地の名所で賑わっているようだ。

 JR熊谷駅(埼玉県熊谷市)から徒歩5分ほどの「熊谷桜堤」は、江戸時代から知られる桜の名所。1990年(平成2年)には「日本さくら名所100選」にも選定されている。荒川堤の約2Kmにわたる約500本のソメイヨシノの桜並木は、そろそろ散り始めていた。

 毎年「熊谷さくら祭」が開催され、大勢の花見客で賑わいを見せている。さすがに前日に行った「吉見さくら堤」とは、比べられないほどの混雑ぶり。桜堤の周辺は車が列を作り、無料駐車場に入れるのも待たされる。周辺の有料駐車場も満車だったが、運良く1台空いたのでそこに駐車。

Img_2406mos

Img_2582

 土手の上の遊歩道を歩く花見客と荒川の河川敷。

Img_2330mos

 土手の下に植えられている桜の花は、土手から目の高さで楽しめる。

Img_2360

 桜の木の下にシートを敷いて楽しむ花見客。

Img_2355mos

 土手の下にはぼんぼりも並んで、約50軒の露店で賑わいを見せている。

Img_2366mos

 薄暗くなるころ、ぼんぼりが灯る。やがてライトアップされて、夜桜も楽しめる。

Img_2615mos

 桜の木に登った猫の親子(飼い猫)がいた。

Img_2445

 

 ★ ★ ★

 「熊谷桜堤」は、安土桃山時代の1580年(天正8年)頃に荒川北岸に築かれた堤にその後桜が植えられ、江戸時代頃から桜の名所として有名となった。当時の熊谷桜堤は、現在の桜堤よりもっとJR熊谷駅に近いところにあったそうだ。

 明治時代になって枯れたりしたが、植樹後に再び栄えるも大正時代に大火で多くが焼失したり枯れてしまった。1952年(昭和27年)の荒川改修に伴い、新たな「熊谷堤」が築かれ、そこに熊谷市の市制施行20周年事業として植樹、現在の「熊谷桜堤」となる。

 旧熊谷堤の一部は、現在の熊谷桜堤より歩いてすぐの「万平公園」として、桜とともに残されている。

2017年4月14日 (金)

吉見さくら堤公園

 2017年4月3日(月)と8日(土)、埼玉県比企郡吉見町の「吉見さくら堤公園」へ行く。

 

 4月2日(日)、全国トップで東京の桜(ソメイヨシノ)が満開になったそうだ。平年より1日早く、昨年より2日遅い満開だという。しかし東京でも偏りがあって、場所によってはつぼみの所もあるという。

 3日(月)、近郊の「さくら堤公園」へ行くが、やはり東京に比べて桜はさっぱりだった。まだ、2~3分咲きというところか。遠目には、枯れ木の並木でしかない。

Img_2017

 土手の菜の花は、満開。

Img_2031

 わずかに開いた花を探して、撮ってみる。

Img_1975

Img_1969

 わずかに開いた花を求めてミツバチがやって来た。

Img_1998

 当然、花見客はほとんどいない静かな公園だった。

 
 ★ ★ ★

 その後数日間暖かさが続いたせいか、あちこちで満開の便りを聞くようになった。

 4月8日(土)の午後、雨が降りそうな曇り空だったが、再び「さくら堤公園」にいくと、前回と打って変わって満開の桜のトンネル。

Img_2278

Img_2096

 ピンクの桜並木と黄色いじゅうたんが続く。

Img_2307mos

 この1..8kmほどの桜堤は遊歩道となっていて、桜のトンネルの中は、花見客で賑わっている。遊歩道は、サイクリングコースにもなっていて、時々サイクリストが通り抜けて行く。

Img_2172mos

Img_2199

 菜の花を背景に、桜の花のクローズアップ。

Img_2140

 

 ★ ★ ★

 桜の開花は、秋冬の寒さと春先の暖かさの寒暖差が大きいほど早まるそうだ。今年は、全国的に暖冬だった。開花前の時期に東京では、平年並みの暖かさが続いた。一方3月の気温が低かった九州・四国では、開花が1週間から特に大分・宮崎・鹿児島などは10日以上も遅れたらしい。

 ここ「吉見さくら堤」公園は、昭和52~53年に当時の青年団が、ふるさと歩道の設置とともに約200本の桜の苗木を植栽した比較的新しい桜の名所。露店の出店やぼんぼり、夜桜鑑賞も無くて、すっきりした桜並木も珍しい。

 この公園は、一般的な公園のように広場や遊具があるわけではなく、長さ約1.8kmの桜堤の公園。土手には菜の花、秋には一面彼岸花が咲く。堤の上には舗装された遊歩道が整備され、さいたま市の秋ヶ瀬公園と滑川町の武蔵丘陵森林公園とをつなぐ総延長46kmのサイクリングコースの一部となっている。

 堤に沿って西側には「市野川」に注ぐ「文覚川」という小川があるが、堤の両側は水田地帯が広がっている。この堤は、何の為にあるのだろうか。

 

 昔から荒川は、大雨に見舞われれば幾度となく氾濫を起こし、幾度もその流路を変え、その名前のとおり「荒ぶる川」であった。一方、それによって流域には肥沃な土地が広がり、その土地や集落を守るために様々な治水工事が重ねられてきた。

 吉見町は東に「荒川」、北は荒川支流の「和田吉野川」、南には荒川支流の「市野川」と、三方を川に囲まれているため、たびたび洪水が起きた。

 元和年間(1615~1625)、江戸幕府の関東郡代(かんとうぐんだい)・伊奈忠次(いなただつぐ、忠治という資料もある)によって、西の丘陵地を除く三方、吉見領を囲むように「吉見領囲堤(よしみりょうかこみてい)」と呼ばれる堤が築かれたのだ。

 「さくら堤公園」の堤は、この「吉見領囲堤」の名残りだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック