無料ブログはココログ

« 紅葉の上州沼田と足利のイルミネーション | トップページ | 昭和天皇記念館と江戸東京たてもの園 »

2015年11月26日 (木)

昭和記念公園と西武園ゆうえんち

 2015年11月19日(木)、「国営昭和記念公園」(立川市)と「西武園ゆうえんち」(所沢市)に行く。

 

 前日は曇りのち雨、この日の日中は久しぶり晴れ間が戻る。午前11時前、「国営昭和記念公園」に入園。黄葉・紅葉は、見頃をやや過ぎていた。「西武ゆうえんち」(所沢市)のナイトアトラクション、イルミネーションは17時15分に点灯、18時退園。

 

 7:00過ぎ自宅を出て、集合場所へ。14人を乗せたマイクロバスが、8:00出発。走り始めてしばらくして参加者にトラブルがあり、バスは途中で出発地に戻り45分遅れで再出発。

 10:50、昭和記念公園の立川口から入園。入園料410円。

 2015年11月7日~23日は、昭和記念公園の「黄葉・紅葉まつり2015」。11月中旬に見頃を迎えるイチョウが特に人気がある。

 立川口からすぐの「カナール」と呼ばれる水路の両脇に左右に2列ずつ、106本のイチョウ並木が200m。平日だが、入園者は多い。

Img_0372

 黄葉のトンネルの足元には、落葉した黄色い厚いジュウタンが敷き詰められている。

Img_1763

Img_1765

Img_1789

 落葉したイチョウの葉が落ちた枝が、秋の終わり告げている。

Img_1751

Img_0373

 「ふれあい橋」から見えるヒマラヤスギ(マツ科)の雌花の松かさ。長さが10cm前後ある。成熟すると頭の方から鱗片がパラパラと落ちてしまうそうだ。

Img_1981

 「水鳥の池」のサイクルボートと手漕ぎボート。

Img_1798

Img_1973

 「いちょう橋」を渡り、「うんどう広場」の近くにもう一つのイチョウ並木がある。道の左右に98本のイチョウが300mにわたって続く。こちらもだいぶ葉を落としている。

Img_0378

Img_1806

 日本庭園に行くと、モミジもだいぶ寂しい。

Img_1812

Img_1820

Img_0379

Img_1835

Img_1881


 「みんなの原っぱ」に行く。9月中旬から11月上旬、見頃だったコスモスも終わっている。

Img_0382

Img_1894 

 「みんなの原っぱ」の真ん中にあるシンボルの大ケヤキ。

Img_1912

 13:15~、原っぱ中央売店で野外テーブルに一人座って昼食。発泡スチロールの器に入ったとんこつラーメンが、700円。


 立川分水は、1737年(元文2年)に玉川上水から数多く引かれた灌漑・生活用の分水のひとつ。

Img_1971

 15:00、昭和記念公園を退園。
   

 

 15:30、西武園ゆうえんち着。

 ナイト開園時刻16:00を待ち、西口から入園。イルミネーション入園料が平日 900円。

Img_2010

Img_2006

Img_2039

Img_2056

 17:15、オープニングセレモニー、カウントダウンと共にイルミネーションが一斉に点灯。

Img_0388

Img_0393

Img_0383

Img_2117

Img_2131

Img_2155

Img_2141

 18:00、ゆうえんちを出発。途中で圏央道の狭山パーキングに寄り、19:20出発地に到着。20:00、自宅着。

 

 ★ ★ ★

 国営昭和記念公園は、昭和天皇在位50年記念事業の一環として整備され、1983年(昭和58年)に開園した国営公園。東京都立川市と昭島市にまたがる。戦前は、陸軍の立川飛行場、戦後米軍が接収した立川基地跡地の一部で、総面積は180ha(54万坪)。

 国営公園は、国土交通省が維持管理する都市公園で、武蔵丘陵森林公園など全国に16カ所ある。

 「昭和記念公園」についての関連ブロク 2012/11/21投稿。

  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-3974.html

 

 

 西武園ゆうえんちに行ったのは、何十年前だっただろうか。当時の面影のあるアトラクションもあったが、サンリオと提携した新しいキティの乗り物などもある。プールや水場の乗り物などがあるが、こちらは夏だけ。2010年から冬季限定のイルミネーションが営業しているという。

 メインゲート前には、東京都(東村山市)と埼玉県(所沢市)との都県境がある。西武園ゆうえんちの300万球のイルミネーションは「イルミージュ」は呼ばれ、小林幸子とコラボで、今季は四季折々の自然を表現した「花鳥風月」がテーマだそうだ。小林幸子の歌声にあわせ、光が踊る。

 

 東京都内や近郊には、家族向けテーマパークやレジャーランドが数多くある。来場者数では一人勝ちの東京ディズニーランド(1983年開園)との対応上、どこの施設もリニューアルしたり、新しいアトラクションを取り込んだりして、工夫しているようだ。

 ここ数年前から、イルミネーションがブームとなっている。クリスマスと関係があったのか、冬だけのイベントとしてイルミネーションを採用しているところは多い。電気代が安いLEDの普及で、夏の花火よりもトータルコストは安いという。商店街や街の活性化のためにも、あちこちでイルミネーションが賑やかな季節になってきた。

« 紅葉の上州沼田と足利のイルミネーション | トップページ | 昭和天皇記念館と江戸東京たてもの園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和記念公園と西武園ゆうえんち:

« 紅葉の上州沼田と足利のイルミネーション | トップページ | 昭和天皇記念館と江戸東京たてもの園 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック