無料ブログはココログ

« 赤そばの里と奈良井宿 | トップページ | 宮崎市と神話のふるさと »

2014年10月 9日 (木)

ブラッドムーン

 2014年10月8日(水)は、日本で3年ぶりの皆既月食。

 

 この日の天気は、晴れだったが、夕方頃から雲が多くなる。 

 日の入りは17:16、月の出はそれより早く17:07。

 自宅近くの見晴らしの良い場所に行って、月の出を待つ。やがて、ほぼ満月に近い大きい月が、東の空の送電鉄塔の間から昇る。

 日が沈んだ後、17:25と7:30のうす暗くなった空の月。赤みかかった月は、高く昇るにつれ黄色くなっていく。

Img_3020s

Img_3026s

 17:45、暗くなった空の月。

Img_3058s

 18:02、ちょうど飛行機が月を横切った。シャッタータイミングが惜しい。

Img_3071s Img_3072s

 18:14ころ~部分月食が始まる。月が昇る行く手には、雲が広がっていて、皆既月食が見られるか心配。

 だいぶ月が空高く昇って来たので、自宅の2階ベランダに撮影場所を移す。

 18:44と19:04の部分月食(シャッター速度が異なる)。 

Img_3089s Img_3127s_2

 月は、だんだん雲が広がる空へと向かい、19:24ころ皆既月食が始まる。雲に隠れたり出たりで、完全な形の皆既月食が、思うように撮れない。

 19:27、雲間に透けて見える皆既月食。

Img_3146s

 19:39、やっと完全な皆既食の「ブラッドムーン」が撮れたが、ややピントが甘い。

Img_3163s

 皆既食中の月は、赤銅(しゃくどう)色と呼ばれる赤黒い色に見え、「ブラッドムーン」(Blood Moon、血の月)と呼ばれる。太陽光が地球の周りの大気の中を通過する時、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱されるが、波長の長い赤い光は大気中を通過することができる。これは、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ原理。

 また、大気がレンズのように太陽光を屈折させて、地球の影の内側に入り込み、このわずかな赤い光が皆既食の月面を照らすので、赤黒く見えるのだ。

 

 20:24ころ皆既月食が終わり、部分日食は21:34ころまで続いた。

 20:49と21:12の部分月食(シャッター速度が異なる)。高度も上がり、太陽が反射する月面は、白っぽい色に変わっている。

Img_3195s

Img_3198s


 半年前の2014年4月15日、アメリカからハワイなど太平洋の一部では、皆既食のブラッドムーンが見られた。

 この時日本から見れたのは、部分食のみだった、地平線からほんの数分間だけ部分月食で昇って来た。この時の赤い月は、朝日や夕日と同じ原理の赤で、本当の皆既月食の「ブラッドムーン」ではないそうだ。

 本ブロクで、月についての関連記事は、以下の通り。

 「スーパームーン」
  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-6715.html

 「赤い月」
  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-66f6.html

 

 

 次に日本で見られる皆既月食は、2015年4月4日だそうだ。

 

« 赤そばの里と奈良井宿 | トップページ | 宮崎市と神話のふるさと »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラッドムーン:

« 赤そばの里と奈良井宿 | トップページ | 宮崎市と神話のふるさと »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック