無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の4件の投稿

2014年9月30日 (火)

茅ヶ岳と深田久弥

 2014年9月28日(日)、山梨県の「茅ヶ岳(かやがたけ)」へ日帰り山行。

 

 茅ヶ岳は、甲府周辺の北杜市と甲斐市にまたがり、広大な奥秩父山塊の南西部に位置する。標高は1,704 m、日本二百名山。「金ヶ岳(かながたけ)」(1,764m)と連なって広い裾野を持つ古い火山。八ヶ岳と似ているため、「ニセ八つ」とも呼ばれる。

  この山は、『日本百名山』を著した小説家・登山家の深田久弥(1903~1971)が、登山中に急逝した終焉(享年68歳)の地として有名。山頂近くのその場所には、「深田久弥先生終焉の地」と表記された石碑が立ち、麓には「深田記念公園」がある。

 

 ★ ★ ★

 茅ヶ岳には、過去1984年11月と1991年12月の少なくとも2回は登っている。23年ぶりの登山。 

 ワゴン車に7人同乗して6:30出発、8:25中央道の韮崎ICで降り、近くのコンビニで昼の弁当購入。県道27号線(韮崎昇仙峡線)、愛称「昇仙峡ライン」を北上する。

 8:44、深田公園入口に到着。トイレあり。ここは標高940m。駐車場北側の林道を200m進むと、右は茅ヶ岳登山道、左に「深田記念公園」がある。

Img_1711s

 公園は、1981年(昭和56)4月に韮崎市観光協会が開設したもので、深田久弥の顕彰碑が建てられている。碑には自筆の「百の頂(いただき)に百の喜びあり」の言葉が記されている。

Img_1699s

 公園では毎年4月に、氏の遺徳を偲んで碑前祭りと記念登山の「深田祭」が開催されているそうだ。

 9:10、茅ヶ岳に向かって出発。アカマツの古い林道を進む。右手の林の中に廃屋がある。

Img_1713s


 9:35前山大明神林道を横切り、緩やかだが石がゴロゴロした歩きにくい登山道を進む。

 道端に赤い実を見つける。後で調べると、マムシグサ(サトイモ科テンナンショウ属)の実。沢沿いなど湿ったところに生える有毒植物。名前の由来は、花の形が鎌首をもたげたマムシに似ているから。秋にトウモロコシのような形の緑色の実が、赤く熟す。子供の誤食に注意。

Img_1719s

 登山道に転がる大小の石コロの他、こういった大岩が付近にいくつも横たわっている。

Img_1762s

 枯れ沢を登っていくと、10:30黄色いテープの停止線に突き当たる。100m先の水場のある「女岩」付近は、落石が多いため立ち入り禁止となっている。

Img_1720s

 道標に従って、右手に高巻きする。登山道からは木々が茂っていて、どこが「女岩」か確認できなかった。

Img_1722s

 
 斜面の急登が続くと、11:15尾根通しに出る。正面に「金峰山(きんぷさん)」(2,559m)が見えるそうだが、木々が茂っていて気が付かなかった。

Img_1725s

 5分後の11:20、「深田久弥先生終焉の地」の小さな石碑に前に立つ。石碑のすぐ隣に文字の消えた木製の柱が立っていた。昔登った時に見た粗末な碑は、これだったのか。

Img_1726s

 
 この先の山頂までのきびしい急坂の尾根道は、露岩が多くちょっとした岩場登り。ふと南の方角の木々の合間を見ると、美しい霊峰「富士山」(3,776m)の全景が姿を見せる。霞んでいる眼下の街は、甲府盆地だろうか。

Img_1732s

 深田久弥の石碑から15分ほどの11:45、「茅ヶ岳」の山頂(標高1704m)に到着。山頂は小広くて平ら、周りの樹木が少し邪魔になるが、展望良し。ここで昼食。

Img_1737s
 

 山頂から、南の方角の「富士山」の右手、南西の方角。遠く南アルプスの峰々が霞む。

Img_2800s

 南西から西の方角。写真左手端から「薬師岳」(2,780m)、「観音岳」(2,840m)、「地蔵岳」(2,764m)と「鳳凰三山」が連なる。右手に目を移すと、大きな盛り上がりが名峰「甲斐駒ヶ岳」(2,967m)。

Img_2802s

 「地蔵岳」の山頂に、オベリスクとよばれる岩峰が、望遠レンズではっきりわかる。

Img_2801s

 北西の方角に、「八ヶ岳連峰」(ピークの赤岳は2,899m)。すぐ手前は、「茅ヶ岳」と連なる「金ヶ岳」(1,764m)の山裾。

Img_2803s

 北東の方角は、眼前に奥秩父の「金峰山(きんぷさん)」(2,559m)。

Img_1738

 12:25下山開始、もと来た道を戻る。

Img_1763s

 13:30「女岩」付近を経由、14:30深田公園入口に予定より1時間遅れで到着。

 

 もと来た「昇仙峡ライン」を下り、塩川に沿った国道141号線を北上する。立ち寄り湯「ゆーぶるにらさき」に行く予定であったが、予定時刻より遅くなったので、道の駅「銀河の駅」(韮崎市中田町中条)で休憩。ここで30分を過ごし、15:30出発。

 15:45韮崎IC、中央道を経て帰路へ。案の定、中央道が日曜の夕方とあって渋滞。19:30ころ帰宅。

 

 ★ ★ ★

  『日本百名山』は、ちょうど半世紀前の1964年に新潮社から出版、第16回読売文学賞を受賞した。

 著者の深田久弥は、石川県生まれで東大中退して文筆活動に入る。実際に多くの山を踏破してきた経験から、日本の各地の山々の中から、自らが定めた基準で名峰100座を選び、その個性を簡潔な文章で著した随筆集である。

  選定の基準となったのは、

  1)誰が見ても立派な山だと感嘆、厳しさ、強さ、美しさなど心を打つ「山の品格」
  2)昔から人間との関わりが深く、人々が敬うような「山の歴史」
  3)芸術作品のように、山容、現象、伝統など他には無い顕著な「山の個性」
   かつ、原則として標高1,500 m以上の山。 

  なお百名山は、47都道府県からまんべんなく選んだわけではないので、高い山が少ない西日本を中心に、16府県には百名山が無い。 

 

 第一次登山ブームが起きたのは、戦後しばらくして1956年、ヒマラヤのマナスル(8,163m)に日本人が世界初登頂したことがきっかけだったそうだ。

 第二次登山ブームは、バブル崩壊後の1994年頃から。テレビ番組で「百名山」が取り上げられて話題になり、特に中高年の登山ブームが始まった。

 現在、第三次ブームを迎えて若い登山者が急増している。2007年頃から、マスコミが山ガールなど登山ファッションを取り上げ始め、火がついたという。

 

 かつては山は、一部の岳人、つまり登山家、山岳会、大学山岳部、修験者などであった。その山岳界に、登山ブームや百名山によって一般の若者や中高年の登山愛好者が入り込んできた。そして多くの愛好者が、日本全国の山に登る動機づけと目標になったという意味で、「日本百名山」の意義は大きい。

 その一方で、自分で山のことを探究もせず、ただ百名山登頂数だけを競い、ツアー客も交えての登山道・山小屋の混雑、自然の荒廃、遭難事故の増加など、百名山ブランドに振り回されている面もある。百名山は、深田氏の個人的な好みであって、関東圏を中心に偏って選定したものだという批判もある。

 人間の歴史や生活、精神的風土、自然の多様性に富んだ山は、全国他にもたくさんある。最近は、「日本二百名山」、「日本三百名山」、「花の百名山」、日本各地ごとの百名山(例えば「東北百名山」)などというのも各団体で選定されている。

 『日本百名山』の本は、昔友人から借りて読んだことがあったが、もう一度読み返してみたくなった。深田久弥が登った時の山の環境(アクセス、登山ルート、山小屋や自然環境)は、現在と大きく変わっている所が多い。当時の苦労を忍び、その山の持つ品格・歴史・個性を学びながら、人間の山との精神世界を豊かにしたいものだ。

 

2014年9月24日 (水)

映画「猿の惑星」

 2014年9月22日(月)午後、映画『舞妓はレディ』に続いて、映画『猿の惑星:新世紀〈ライジング〉 』を3D映像で観る。

 

 映画『猿の惑星』(Planet of the Apes、Apes:類人猿の複数形)は、アメリカで制作され、1968年に公開された。今からもう46年も前のことだ。原作は、フランスの小説家ピエール・ブールで1963年発表されたSF小説。

 今年9月19日公開の『猿の惑星:新世紀〈ライジング〉』は、2011年の『猿の惑星:創成記〈ジェネシス〉』(写真下)の続編で、『猿の惑星』シリーズの8作品目となるそうだ。

Poster__

 前作の「創世記」は観てはいない。人間がアルツハイマー病治療薬として開発中の新薬が投与されたサルのシーザーは、突然変異的な知的進化を得る。シーザーは、自分の仲間たちのサルに薬を散布し、彼らを率いて自由のために人類への反乱を起こすという。

 新薬は、人造ウイルスからできているので人間にはその抵抗力がなく、またたく間に世界中に拡散、やがて人類の大半は死滅してしまう。サルは、ウィルスに強い抵抗力を持っていて、どんどん進化していく。

 本作「新世紀」(写真下)では、人類の90%が死滅した2020年代。サンフランシスコでは、生き残った人類と、飛躍的な進化を遂げたサルたちのコミュニティが、ゴールデンゲートブリッジを挟んで対峙している。

Poster__2

 
 ウィルスに対して免疫体質を持つわずかな人間のコミュニティーは、ドレイファス(ゲイリー・オールドマン)をリーダーとして、荒廃した都市の一角で、残された資源を細々と使って文明を維持している。軍が残した大量の銃や武器も持っている。人類の衰退を食い止めるためサルたちと対話・共生すべきとする穏健派と、再び人類が地球を支配するべきだとする過激派たちが、共同生活を送っている。

 一方、サルたちを率いるボスザル・シーザー(アンディ・サーキス)は、人類と接触しようとせずに森の奥深くにコミューンを構築、大自然の中で狩猟生活を送っていた。カリスマ性あふれるシーザーは、「人は人を殺すが、猿は猿を決して殺さない」という掟のもとで、仲間から慕われている。一方、ナンバー2のコバ(トビー・ケベル)は、昔人間から虐待を受けていたため、人間に対する憎しみや不信感を持ち、また仲間を力で従わせようとする。

 元建築家で穏健派のマルコム(ジェイソン・クラーク)は、自分たちが生き延びるため電力エネルギーが必要で、山にあるダムの復旧が欠かせないと主張。彼ら数人は、森の中に足を踏み入れダムへと向かうが、偶然にもサルと遭遇し、一触即発の状態となる。

 マルコムとシーザーは、信頼関係を元に、人間とサルの共生を図ろうと画策する。しかし、一部の人間とサルの暴走で、後戻りできない事態に達してしまう。銃を手にした過激なコバは、シーザーを追い落としてサルの大集団を率い、ドレイファスら人間たちとの全面戦争が始まる。

 

 ★ ★ ★

 『猿の惑星』シリーズに共通しているストーリーは、その時代の様々な人類の問題が含まれている。これまでは、東西の冷戦や核戦争、ベトナム戦争、宗教・民族紛争、黒人種差別、動物虐待、・・・などが背景にあった。

 この映画で気がついたのは、アメリカの銃社会や世界の軍事力の恐怖。孤立して展望のない人類は、銃に安易に頼ろうとする。銃を持っていない進化したサルたちは、銃の誘惑に負けてそれを手に入れてしまう。アメリカ社会で、銃乱射や銃所持のゆえの悲劇を繰り返す姿が重なる。悲劇や紛争の裏には、武器の売買いが行われていることも忘れてならない。

 また、人類の科学技術の進歩へのごう慢さが、サルの知能を飛躍的に発達させてしまい、そして自らをウィルスで滅ぼしてしまうという人類の最大の危機を引き起こしている。地球での人間の優位性は、永遠のものではない。現在の核エネルギーや遺伝子科学など、進歩の暴走に対する歯止めが必要だ。原発の安全神話と最近の福島の原発事故が良い例。

 
 そして、宗教対立、民族対立、国家間対立を解決する手段の戦争は、普遍的に避けられないものであろうか。

 そのほか、人間もサルにも共通した家族愛も、この作品を通して見えてくる。

 

 40数年前の『猿の惑星』は、『キング・コング』のような縫いぐるみを着た俳優の顔に、特殊メイクを施すものであった。

 最近、あの映画『アバター』以降、画像技術が飛躍的に進歩したという。俳優の動作をモーションキャプチャー(実際の人、動物や物の動きをデジタルで記憶し、コンピューターで合成する画像処理方法)という技術で、CG(Computer Graphics)に変換する。

 下の写真は、撮影中のモーションキャプチャーと画像処理後の映像。『猿の惑星:新世紀〈ライジング〉』のパンフレットから引用。

Img151

 ズームアップしたサルの顔の表情は、驚くほどリアルだ。俳優の演技での繊細な顔の表情は、サルの豊かな動き、怒りや悲しみなどの多彩な感情をしっかり表現している。大勢のサルたちが森林でシカの狩猟をするシーンや人間との戦闘シーンは、モーションキャプチャー、CGやVFX(Visual Effects、視覚効果)を多用していて、よくこんなものがリアルな映像に作れたなと感動する。

 映画のエンドロールのキャストに、主役として1番目に名前が出てくるのは、人間側の俳優ではなく、サルのシーザー役アンディ・サーキス。この映画が、サルを中心に描いているということが分かる。

 今回は、立体映画つまり3D映像で観たが、個人的にはメガネの上にメガネを重ねるので違和感があって、あまり好きではない。

 

 

2014年9月23日 (火)

映画「舞妓はレディ」

 2014年9月22日(月)午後、映画『舞妓はレディ』を観る。

 

 日本アカデミー賞を受賞した『シコふんじゃった』(1992年)や『Shall we ダンス?』(1996年)の周防正行監督の最新作映画。9月13日から全国劇場で上映が始まった。

 『舞妓はレディ』は、オードリー・ヘプバーン主演映画の『マイ・フェア・レディ』(1964年)をもじっている。京都を舞台に舞妓を目指す少女の成長物語を、ミュージカル映画というか、コメディタッチの映画に仕立ててある。

Poster_

 

 舞妓になろうとたった一人で京都のお茶屋に飛び込んで来た春子(上白石萌音)は、慣れない京言葉、花街のしきたり、厳しい唄や踊りの稽古に叱られてばかり。お茶屋の女将・千春(富司純子)、言語学者の大学教授・京野(長谷川博己)、芸妓・里春(草刈民代)、舞妓・百春(田畑智子)らの周囲の助けを借りて、困難を乗り越えながら成長していく。ほかに出演は、渡辺えり、竹中直人、岸部一徳、髙嶋政宏、小日向文世。

 写真下は、映画『舞妓はレディ』公式サイトから引用。

Photo_1

 

 ヒロイン春子を演じるのは16歳の高校生で、新人女優の上白石萌音(もね)。2011年の東宝「シンデレラオーディション」審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。記憶が定かにないが、NHK大河ドラマ大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の最終回で登場したそうだ。徳川秀忠と江の娘・和(まさ)役で、後水尾天皇の妃となるため上洛する。また彼女は、カルピスのテレビCMでも有名。

 女将・千春の富司純子や芸妓・里春の草刈民代らのベテラン女優の中で、舞妓を目指して奮闘する田舎娘の上白石萌音の姿が、けなげで初々しい。映画『三丁目の夕日』第一作目で、地方から上京した堀北真希と重なる。

 映画が始まって10分くらいして、主人公がセリフからいきなり歌いだすので何かと思ったが、この映画はミュージカル映画。草刈民代は元バレリーナであるが、日舞を舞ったり、富司純子も歌ったり踊ったりと、意外性があって面白い。もちろん萌音の歌と踊りも、先輩たちに劣らず頑張っているし、鹿児島弁と津軽弁をチャンポンでしゃべり、それに京言葉を上手にあやつっている。

 映画『マイ・フェア・レディ』は見てないが、全体を通していろいろな部分でパロディっているらしい。花街のオープンセットを舞台に、舞妓姿の主人公と出演者たちがくりひろげるエンディングの華やかな歌と踊りは、圧巻。

 写真下は、映画『舞妓はレディ』公式サイトから引用。

Photo_2

 

 ★ ★ ★

 「かがい」という言葉が何回か出てきて、最初何のことか分からなかった。しばらくして「花街」のことだと気が付く。「はなまち」という読み方は、三善英二「円山・花街・母の街」、金田たつえ「花街の母」などの歌謡曲で歌われるようになってからだそうだ。今まで「はなまち」と思っていたが、本来は「かがい」が正しい。

 大学教授の京野が、最初春子に「舞妓になるための必須三単語」を教育する。「おおきに」「すんまへん」「おたのもうします」の三つは、イントネーションが難しいばかりではなく、その時と場合によって、微妙なニュアンスの違いがあるそうだ。芸妓・里春がThank youだったり、No thank youの時の「おおきに」の使い分け、女将・千春が「一見さんお断り」と「おもてなし」の心を説明するくだりもある。

 こういった花街や京独特の言葉と言い回し、しきたりが、京都の文化・風土を作っている。

2014年9月11日 (木)

スーパームーン

 9月8日は「中秋の名月」だったが、この日は曇りで月はまったく見えなかった。

 
 その翌日の9日は、月が地球に最接近する今年最後の「スーパームーン」となる。

 
 スーパームーンは、月が地球に接近するときと、満月が重なる現象。通常の月に比べて大きさが14%、明るさが30%増して見えるらしい。

 夕方6時過ぎ、コンパクトカメラを持って外に出ると、曇っていて月を望めそうもない。と思ったら、水平線近くに大きい赤い月(Blood Moon)が昇っていた。

Img_1633s

 コンパクトカメラで、しかも三脚なしなので、像がややぼけている。

 アップで撮ると、月は肉眼で見えるように赤く写ったが、引いて撮ると白っぽく写る。

Img_1680s

 6時半くらいになると、厚い雲に隠れて見えなくなった。

Img_1686s

 

 10日夜は、満月を過ぎて月齢は16.5となる。月の出を待ったが、残念ながら曇っていて、月は現れず。

 

 来月の10月8日には、全国的に皆既月食が見られるそうだ。部分食は、18時14分から始まり21時34分ころ終わる。皆既食は、19時24分から60分ほど続く。

 皆既食は、月が地球の本影の中に完全に入り込み、月が真っ暗になるのではなく、幻想的な「赤い満月」に見えるという。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック