無料ブログはココログ

« 八ヶ岳・赤岳-その2 | トップページ | 八ヶ岳・赤岳-その3 »

2014年8月10日 (日)

白山(はくさん)-その3

 2014年7月22日(火)~25日(金)、石川・岐阜県境にある霊峰「白山」に行く。

 本ブロク記事「白山(はくさん)-その1」、「白山(はくさん)-その2」の続き。

 

 7月23日(水)、24日(木)の白山登山時に観察した高山植物について記す。
 花の多くは、甚ノ助避難小屋~きつい登りの七曲りの辺り、帰りの雨の中のエコーラインで見られた。

 

 ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花、キンポウゲ科) 花びらには艶があり、ロウを塗ったような光沢。よく似ているシナノキンバイ(信濃金梅、キンポウゲ科)は、花が3cm~5cmと大きい。葉っぱはどちらも菊の葉のようにギザギザだが、ミヤマキンポウゲの方が裂けるのが大きめで、鳥足状。

Img_0959s Img_0971s

 キヌガサソウ(衣笠草、ユリ科) 林の下に群生していた。大きな葉を7~8枚つける。花弁のように見えるのは、がく片。

Img_0965s_2 Img_0975s_2

 ウラジロナナカマド(裏白七竈、バラ科) 高さ1~3mの落葉低木。葉の裏面は粉白色。多数の花を上向きに咲かせる。タカネナナカマドの場合は、花を垂れ下がるように5~10個つける。

Img_0966s Img_0953s

 キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪、スミレ科) スミレの一種。葉の形が馬の蹄(駒の爪)に似ている。                   

Img_0968s

 サンカヨウ(山荷葉、メギ科) 一つの茎にフキのような形の大小2枚の葉がつき、その間から数個の花が咲く。

Img_0972s

 カラマツソウ(深山唐松草、キンポウゲ科) 葉の形がカラマツの葉に似る。葉は先端が広がり三裂。他に、ミヤマカラマツは葉が卵形で徐々に細くなり、モミジカラマツは葉がモミジの形。                       

Img_0982s_2

 ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草、ユキノシタ科) 漢字の「大」の文字に似ている。

Img_0985s_2

 ハクサンフウロ(白山風露、フウロソウ科) 花は白やピンク色だが、花によって濃淡に差がある。花弁は5枚。                  

Img_0988s Img_1019s

 コイワカガミ(小岩鏡、イワウメ科) イワカガミ(岩鏡)に比べ、花の数が少なく小ぶり。イワカガミは、岩場に生え、光沢のある葉を鏡に見立ていることに由来。

Img_0995s

 アオノツガザクラ(青の栂桜、ツツジ科) 針葉樹のツガに似て、常緑の低小木。花が淡い黄緑色のためアオノ(青の)という。ただのツガザクラは、花が淡い紅色で先がつぼまらない。

Img_0999s Img_1000s

 オタカラコウ(雄宝香、キク科) 草丈は1mほど。長い茎に花を穂状につける。葉はフキに似て縁は鋸歯状。

 
Img_1002s

 ヨツバシオガマ(四葉塩釜、ゴマノハグサ科) 花の上唇部が鳥のくちばしのように内側に曲がっている。

Img_1003s

 ミヤマダイコンソウ(深山大根草、バラ科) 大きな丸い葉、端が鋸歯で光沢があるのが特徴。

Img_1007s 

 
 ミソガワソウ(味噌川草、シソ科) 木曽川源流の味噌川(未だ木曽川になっていない川)にちなむ。ハクサンシャジン(白山沙参、)やツリガネニンジン(釣鐘人参)に似ている。

 
Img_1014s

 ハクサンコザクラ(白山小桜、サクラソウ科) 一面をピンク色に染める群落は、白山のあちこちで見られるという。

Img_1034s

 コバイケイソウ(小梅蕙草、ユリ科) 白山のあちこちで見たが、ほとんどがまだ咲いていなかった。          

Img_1037s

 クロユリ(黒百合、ユリ科) 下向きに咲く暗紫色の花。白山でよく見られるそうだが、弥陀ヶ原に1本だけ咲いているのを見た。    

Img_1048ts

 ゴゼンタチバナ(御前橘、ミズキ科) 花弁のように見えるのは苞(ほう、花のつぼみを包んでいた葉)。花は中心に集まっている。

Img_1059s

 ハイマツ(這松、マツ科) 室堂の手前の「五葉坂」にたくさんあった。ハイマツは、ゴヨウマツ(五葉松)の仲間。

Img_1061s

 チングルマ(稚児車、バラ科) エコーラインに大群生していた。実の形が、子供の風車に似る。 

Img_1101ts_2 Img_1101s

 イブキトラノオ(伊吹虎の尾、タデ科) エコーラインに咲いていた。白色か淡紅色の花穂(かすい)をつける。

Img_1115ts Img_1116s

 エコーラインで下山中に、スズメより大きい小鳥を見た。茶色の体で、クマザサかハイマツの中から出てきて、飛ばないで雪渓の方に移動した。一瞬、ライチョウのヒナかと思ったが、鳴き声からイワヒバリではなかっただろうか。霧の中で距離もあったので、鮮明な写真が撮れなかった。

Img_1109s

 

 他に、ニッコウキスゲ、タカネナデシコ、クルマユリ、ハクサンチドリ、・・・などが咲いていたが、シャッターチャンスを逸した。 

 

 いつものことだが、登山の合間に撮る写真は、その山の代表的な花を撮り忘れた時が、実に残念。ピンボケしたり、花に気を取られて、特徴のある葉や茎などが写ってなかったりで、帰ってから花の名前を特定するのに苦労する。

 

 

« 八ヶ岳・赤岳-その2 | トップページ | 八ヶ岳・赤岳-その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白山(はくさん)-その3:

« 八ヶ岳・赤岳-その2 | トップページ | 八ヶ岳・赤岳-その3 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック