無料ブログはココログ

« 甲州桜の名木と桃源郷 | トップページ | 信州桜めぐり »

2014年4月17日 (木)

赤い月

 2014年4月14日、満月に火星が最接近した。19:25頃、東の空に月の左手に火星が出ている。火星は、2年に一度地球に最接近する。 

Img_02931

 

 その翌日の4月15日、月の出から数分くらい間、部分月食で満月の上部が少し欠けるらしい。

 東の方角の低い位置、近所の住宅の屋根の下に、「赤い月」が昇る。

 ほんの数分のチャンスだったが、住宅や電線にさえぎられて、もたもたしているうちに月食は終了。写真は18:41頃、赤い月を撮影したが、ピントが甘い。

Img_03001_2

  アメリカ大陸やハワイは皆既月食だそうだが、­日本は部分月食。東京では18:15、30%ほどの部分月食で月の出、18:33頃に月食は終わった。

 この時の月は、赤みがかったオレンジ色に変化することから、「赤い月」(Blood Moon)と呼ばれる。

 その10分後の18:53頃の満月は、うまく撮れたが赤みはなくなっていた。

Img_03061

 新聞やTVニュースでは、スカイツリーと赤い月の写真が出ていた。

 
 満月の一部が欠けたまま東の空から昇ってくる現象は、「月出帯食」(げっしゅつたいしょく)というらしい。

 

 ★ ★ ★

 月や星をうまく撮影したいと思うが、なかなか満足するものが撮れない。

 

 2012年09月1日に、信州の「入笠山」(にゅうかさやま)のマナスル山荘本館に宿泊した時、初めて星空を撮影した。     

  http://otsukare-sama.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-f470.html

 
 23:00ごろから24:00ころまで、夏の大三角形を試行錯誤でやっと写せたが、まだピントがうまく合ってない。

Img_49671 

 

 昨秋は、「世紀の彗星」になるはずと注目された「アイソン彗星」は、11月29日未明に太陽に最接近して太陽熱で蒸発・消滅したのは残念だった。

 

 昨年暮れの2013年12月5日、細い三日月と金星が接近したのを何とか撮影した。18:30頃の日の入り直後、南西の空に「宵の明星」と呼ばれる金星が明るく輝いた。

 
 17:22頃撮影。三日月(月齢2.5)の左下が金星。

Img_82341

 翌日の12月6日も金星が三日月のそばで輝き、また7日には金星が最大光度となって、一段と輝きを増したという。

 この時も天気も良好だったが、撮影の機会を失してしまっていた。

 

 今後も、月や星空の天体ショーに注目したい。次の皆既月食は、10月8日。

« 甲州桜の名木と桃源郷 | トップページ | 信州桜めぐり »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い月:

« 甲州桜の名木と桃源郷 | トップページ | 信州桜めぐり »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック