無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の3件の投稿

2013年4月19日 (金)

丹沢・大山

  2013年04月13日(土)、丹沢山系の「大山(おおやま)」に登る。

 大山は、神奈川県のほぼ中央、伊勢原市・秦野市・厚木市の市境に位置する。標高1,252mの美しい三角形のなだらかな山。江戸時代からの信仰の山で「大山詣」として関東一円で「大山講」が組織され、多くの庶民が登拝した。丹沢大山国定公園に属し、日本三百名山や関東百名山のひとつである。   
   
 
 大山は別名を「阿夫利(あふり)=雨降(あふ)り」山ともいい、雨乞いの神である。現在は、山頂に阿夫利神社本社、中腹に阿夫利神社下社、大山寺が建つ。

 

 今回の参加者は、9人。8:01新宿駅発の小田急小田原線急行に乗車、伊勢原駅で下車する。土曜日とあってか、伊勢原駅北口バス停には登山客の行列ができていて、臨時便が出ているという。9:26、神奈川中央バスで出発。

 約20分で、終点の大山ケーブルバス停に到着。

Img_02961

 バスを降りると、周辺の山々の新緑がまぶしい。

Img_03031

 バス終点からケーブル駅まで石段の「こま参道」沿い(写真左下)には、みやげ物屋、豆腐料理店や民芸品店、宿坊が建ち並ぶ。丹沢山系の水を使った豆腐作りや民芸品のこま作りが有名だそうだ。

Img_03061 Img_03041_2

 15分ほど石段を登りきると、大山ケーブル駅に着く。

Img_03121

 この先の登山コースに、石段多い急登の「男坂」、大山寺を経由する「女坂」があるが、今回はケーブルカーを利用する。

 大山観光電鉄の大山ケーブル駅から阿夫利(あふり)神社駅間は、所要時間約6分、片道450円、往復では850円。途中、大山寺駅で下車も可。

Img_04071
 

 阿夫利神社駅は、標高700m。ここから、相模平野が見渡せる。

Img_03181

 阿夫利神社下社に参拝する。阿夫利神社のご祭神は山の神様であり、雨乞いの神、農耕、豊穣や生産を司る。転じて商売繁盛、また開運招福、厄除け、家内安全のご利益があるという。

Img_03281

 境内には、「武蔵川越、明治三十七年四月」の文字がある消防桶の奉納品や学童疎開の少年像などがあった。

Img_04041 Img_03311
 

 10:33、神社拝殿の左奥から、登山口へ向かう。

Img_03301

 登山口からは、いきなり絶壁のような急勾配の石段が現われ、恐る恐る登る。

Img_03331

 登山道は、阿利神社下社を1丁目、山頂を28丁目とする石柱が1丁目づつあり。急な坂道と急な石段の繰り返しである。

 10:53、8丁目に「夫婦杉」がある。

Img_03371

 樹林の中で見晴らしはないが、11:17、相模平野、相模湾、江の島が見下ろせるポイントがあった。

Img_03391_2

 11:22、「ぼたん岩」の案内板がある。

 目を凝らすと近くに、幾重にもタマネギの皮をむいたような岩石が散見する。牡丹のようにも見えるところから、その名が付いた。 こうした石を一般にタマネギ石、この皮をむいたような構造をタマネギ状構造といい、岩石の風化過程で形成されたものだそうだ。

Img_03471

 11:26、「天狗の鼻突き岩」の案内板がある。

 大岩に、大人の手が入る位の穴があいている。これは天狗が鼻を突いてしまった跡だと伝えられる。

Img_03511

 11:28、16丁目は、蓑毛(みのげ)からの裏参道との合流点。1716年に麓から強力たちがかつぎあげて建てた、高さ3.68mの「石尊大権現」の石柱(山頂の自然石を霊石として祀った)がある。見晴らしも良く、ベンチがあり、しばし休憩。

Img_03571 

Img_03601

 11:44、「富士見台」に到着。

 大山の中で、この場所が富士山の絶景ポイント。江戸時代は茶屋が置かれ、浮世絵にも描かれたという。

Img_03631

 富士見台からは、丹沢の山々の向こうに、雲の上から雪をかぶった富士山の頭と裾野が見える。山頂部分は、このあとすぐに雲に隠れてしまった。

Img_03651_4

 12:10、25丁目は、ヤビツ分岐。ヤツビ峠からの合流点である。

Img_0368t1_2 Img_03691_2

 ヤビツ峠は、丹沢山系を南北につなぐ車両通行可能な峠。ヤビツは「矢櫃」と書き、矢を入れる箱のこと。矢櫃が旧峠改修のとき大量に見つかったが、戦国時代に武田軍と北条軍が戦を交えたときものだと伝えられている。昔登った丹沢・塔ノ岳の出発点であったことを思い出す。

 12:18、27丁目で銅製の鳥居をくぐると山頂はもうすぐ。

Img_03701

 12:25、28丁目の山頂に到着。阿夫利神社本社に参拝する。

Img_03781 Img_0380ts1_2

 大山頂上(標高1,252m)の標識。神社に隣接して売店、別棟にトイレや、奥の院がある。

Img_03941 Img_03901 

 相模平野、相模湾、三浦半島、江の島を眺望。

Img_03861

 相模湾の右手には真鶴岬。その向こうに、伊豆半島があるようだ。

Img_03971

 遠くに、新宿高層ビル群が霞む。

Img_04001

 富士山、箱根連山、丹沢山系も見えるそうだが、確認できず。


 想像したより登山客が多く、驚く。江戸時代の「大山詣」もこんな感じだったのだろうか。登山道が混みあっていたせいか、小休止が多かったせいか、コースタイム1時間20分が、かなりオーバーしてしまった。ここで昼食。

 

 下山は、「見晴らし台」に向かう周回コースもあるが、時間短縮のため往路を戻る。

 14:15、阿夫利神社駅着。

 下社には、拝殿の地下から湧き出る御神泉があって、殖産・長命延寿の水として愛飲されている。休憩中に同行者らは飲用や、PETボトルで持ち帰りをしていたが、一緒に行きそびれた。往復でケーブルカーを利用。

 大山ケーブル駅からバス停までの参道の途中で14:55~1時間ほど食事処の「えびすや」に寄って、豆腐料理などで軽く下山祝い。

 バス、小田急を乗り継ぎ帰路へ。

 小田急電車の車窓から見える大山の、なだらかな三角形の山容が美しい。

Img_04191

 17:47新宿駅に到着、解散。

 

★ ★ ★

 
 登山は、緩やかな登りや下り、平坦な道が合って変化に富むところが多いが、大山は急登が延々と続いて、意外ときつかった。昨年8月以来の山登りで、翌日は軽い筋肉痛。

 

 阿夫利神社の社伝には、崇神天皇の時代の創建とある。中世以降、大山寺を拠点とする修験道が盛んになり、源頼朝を始め、北条氏、徳川氏らは、武家の開運の神として武運の長久を祈ったらしい。

 大山は、山容が美しいのと、四季折々美しい緑や紅葉で全山がおおわれ、神の山にふさわしいとされる。山頂からの眺望も素晴らしい。 

 江戸の庶民は、寺社にお参りするための旅行が、最大のレジャーだった。その中でも、「大山詣」と「江ノ島詣」はセットの行楽でもあった。浮世絵でもよく描かれ、落語にも登場する。石段のある参道沿いのみやげ屋や食事処、宿坊が立ち並ぶ様子は、往時が偲ばれる。都心に近いためか多くの登山客に親しまれ、江戸時代の「大山詣」もこんな感じだったのだろうか。ただし現代、山ガールも多いが、昔は女性は下社までで、大山は女人禁制だった。

 毎年3月には、大山のふもとで開催される、名物の豆腐に感謝する「大山とうふ祭り」、伊勢原市主催の伊勢原駅北口→大山旧街道→女坂→阿夫利神社下社まで(9km、高低差650m)の「大山登山マラソン」があるそうだ。

2013年4月 3日 (水)

甲州桜めぐり

 2013年3月31日(日) 身延山ほか甲州(山梨県)の桜名所をめぐる。

 
 天気は曇り、時々小雨が降る。最高気温は、16℃。

 早朝6:30頃自宅を出発。最寄駅で貸切りバスに乗り合わせ、中央道へ。上り線の天井板崩落事故で9人が死亡した「笹子トンネル」を抜けると、曇ってはいるが急に空が明るくなる。


 中央道を経て中部横断道の増穂ICから国道52号を南下、10:42「身延山久遠寺」(みのぶさん・くおんじ、山梨県身延町)に到着する。日蓮宗総本山の身延山久遠寺の周辺は、「日本さくらの名所100選」に選ばれている。

 鎌倉時代、「法華経」をもってすべての人々を救おうとした日蓮聖人は、「法華経を信仰し、全ての邪宗教を無くさなければ国が滅ぶ」と主張して、幕府や他宗派から弾圧を受ける。信者であった甲斐の国の地頭の南部実長の招きにより、1274年5月17日に身延山に入山、読経と門弟たちの教導に終始し、やがて「身延山久遠寺」を開山した。

 桜の開花時期から、この辺りは交通規制が行われ、麓の身延町総合文化会館からシャトルバスが臨時運行されている。通常は、そこから久遠寺までは、長い坂道や急な「菩提梯(ぼだいてい)」と呼ぶ287段の石段を登ることになるが、我々は総門内の境内すぐ下にある有料の「せいしん駐車場」に入る。駐車場からは、斜行エレベータ(無料)で境内に上がる。
 

 1985年に再建された立派な久遠寺の本堂。間口32m、奥行51m。一度に2,500人の法要を奉行できるという。

Img_99851

 本堂前には、身延山第二祖の佐渡阿闍梨日向上人の700年忌の白木の起立宝塔が設置されている。右は大鐘、奥のほうにしだれ桜が見える。

Img_99861

 境内には、樹齢400年を超える有名なしだれ桜が2本ある。例年今頃が見頃だというが、今年は満開が早かったそうで、残念ながらかなり散っていた。

Img_99881

Img_99951

 五重塔としだれ桜。こちらもかなり散っていて、枝が目立ってちょっと寂しい。

Img_00011_3 Img_00021_2

 境内から、急な石段が続く「菩提梯」を見下ろす。聞くところによると、下から見上げるとすごい迫力で、登るにはかなりの体力を使うそうだ。

Img_00411

 境内近くにロープウェイ乗り場の久遠寺駅(標高390m)があり、標高1153mの身延山の山頂まで7分で上ることができる(片道680円、往復1,250円)。そこには奥之院「思親閣(ししんかく)」や展望台がある。富士山や南アルプス、富士川が流れる駿河湾、伊豆半島などが眺望できるらしい。ハイキングコースがあって、2時間半くらいで登ることもできるそうだ。

 この日の天気では展望は無理と思い、山頂には行かず境内を散策。数人のロープウェイ組は、下から歩いて登って来た200人の信者団体の方たちと、山頂のロープウェイ乗り場「奥之院駅」で大行列に紛れて、予定の集合時刻までに戻れなかった。

 身延町は西嶋和紙の名産地で、「なかとみ和紙の里」は、工芸美術の「なかとみ現代工芸美術館」、手漉きが体験できる「漉屋なかとみ」、全国の和紙をとりそろえた「紙屋なかとみ」、四季の味を堪能できる食処「味菜庵」の4施設からなっている。11:50~12:40「味彩庵」で郷土料理の昼食、1,080円。

 当初予定の約2,000本の桜がある「大法師公園」(山梨県富士川町)は、時間で都合でパス。

 13:10「妙了寺」(みょうりょうじ、山梨県南アルプス市)に到着。小雨が降りはじめる。境内の樹齢100年以上の古木がある。ぼんぼりが設置され、ソメイヨシノ、しだれ桜やエドヒガン桜などが30本、昼だけでなく夜も楽しめそうだ。

Img_00561 

Img_00621_2

 

 白根ICから中部横断道を経由、中央道の勝沼ICから、14:45「慈雲寺」(甲州市塩山)に到着。ここのシダレザクラは、樹齢は約300年を超す県指定天然記念物。枝を四方に垂らした姿から「イトザクラ」の別称があり、見事な満開の花を咲かせていて、いつまでも眺めていても飽きない。

Img_01201

Img_01311_2 Img_00931_2

 この寺は、明治の作家、「たけくらべ」の樋口一葉ゆかりの寺で、一葉の石像(写真下)や文学碑がある。一葉と直接の関係はないが、両親の生まれ故郷がこの塩山で、樋口家の菩提寺がこの寺だそうだ。一葉の像は、現代風の顔をしていて、五千円札の肖像とはあまり似てない。

Img_01431_2

 写真下は、一葉の文学碑。

Img_01271

 お寺からは、南アルプスの山並みが望める。はっきり確認できないが、中央に間ノ岳、北岳、右手に鳳凰三山、左手には聖岳、赤石岳などが見えるという。

Img_01381


 国道140号線の「道の駅みとみ」(山梨市三富)で休憩。

Img_01461

 秩父を経由して、19:30ごろ自宅着。

2013年4月 2日 (火)

新宿御苑の桜

 2013年3月30日(土) 桜の新宿御苑に行く。この日の東京は曇り空、最高気温が13℃の寒い日。

 今年は3月初めまで気温が低く、桜の花芽が遅れていた。3月6日ごろから平年を大幅に上回る暖かい日が続いたため、桜の開花は3月16日、満開は3月22日と、例年よりもかなり早くなった。ソメイヨシノは、花びらを散らし始めている。

 地下鉄新宿御苑駅に近い新宿門に、9時開園の前に行くと、すでに大勢が門の前に並んでいる。新宿御苑は、飲酒やアルコール類・遊具・ペットの持ち込み禁止だ。入り口では、ガードマンが持ち物検査をしている。

Img_98161

Img_98091

Img_99771

Img_99251

Img_99071

Img_98961

Img_99371

Img_98371

Img_97901

Img_98411

Img_98741

 都心の公園とあって、昼近くなるとだんだん混み合ってくる。しかし、上野公園の花見客の乱痴気騒ぎとは違って、こちらの花見は静かなものだ。

 東日本大震災や領土問題などでか、このところあまり見かけなくなっていた外国人客も、多くなったような気がする。

 13時までここで過ごし、昼食後御苑周辺のフォトギャラリーをめぐる。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック