無料ブログはココログ

« すばる望遠鏡の巨大デジカメ | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »

2013年2月 9日 (土)

映画「東京家族」

 2013年2月8日(金)、映画「東京家族」を観る。

 

 先月の1月19日(土)、江東区の文化施設「古石場文化センター」に行くと、深川で生まれた小津安二郎の生誕100周年を記念して、センター内に「小津安二郎紹介展示コーナー」が開設されていた。
 

 映画界の巨匠・小津安二郎監督の代表作は「東京物語」である。映画全盛期の1953年に公開されたが、2012年に世界の映画監督が選ぶ優れた映画第1位に選ばれたそうだ。

 

 映画「東京家族」は、山田洋次監督の監督50周年作品で、その「東京物語」をモチーフにして、60年後の現代にアレンジして製作、先月から公開されている。これは見逃せない作品だと、チェックを入れておいた。

Poster

 

 古石場文化センターで、「東京物語」の映画ポスターを探したが、見当たらなかった。キャストの笠智衆、原節子、東山千栄子、山村聰、 杉村春子、香川京子、三宅邦子、大坂志郎の若い頃の顔が懐かしい。

Poster_3

 写真は、ウィキペディア「東京物語」より引用(出典:ウィキメディア・コモンズ)。


 

 ★ ★ ★

 
 瀬戸内海の小島で暮らす平山周吉(橋爪功)と妻・とみこ(吉行和子)は、3人の子供たちが住む東京へやって来る。迎えに行く次男の昌次(妻夫木聡)は、品川駅と東京駅を間違えてしまい、役に立たない弟に長女の滋子(中嶋朋子)は呆れる。

 せっかちな周平は、タクシーで郊外で開業医を営む長男の幸一(西村雅彦)の家へ向かう。幸一の妻・文子(夏川結衣)は、かいがいしく義父母の到着の準備をする。

 そして、久しぶりに家族全員が顔を合わせ、夕食の食卓を囲む。

 周吉が一番心配しているのが、出来の悪い末っ子の昌次。フリーターからやっと舞台美術の仕事に就いてはいるが、開業医の兄や美容室経営の姉に比べれば、未婚で生活も安定してなさそうだ。
 周吉夫妻は2、3泊するうちに、どこか都会には馴染めず、また忙しい生活の子供たちのリズムとズレが生じてくる。そんな中で、昌次の理解者で元気だったとみこが突然倒れ、意識が戻らぬまま家族に看取られ、翌朝帰らぬ人となる。

 残念ながら、筆者は「東京物語」を観ていない。
 しかし周吉役の橋爪功は、「東京物語」での笠智衆とどこか雰囲気が似た老け役を演じている。吉行和子のとみこ役が東山千栄子で、これもなんとなくのんびりした雰囲気がよく合っていそう。妻夫木は、ちょっといい加減だが、根は優しい今どきの若者をうまく演じていた。

 

 この映画のキーパーソンとなるのが、昌次の婚約者の紀子(蒼井優)。「東京物語」では原節子が紀子役だが、設定が違っていて戦争で夫・昌次を亡くした未亡人だったそうだ。

 とみこは、昌次から突然紀子を紹介されて「感じのいい子」と素直に喜び、家族の幸せを一人で感じていた直後に倒れたのだ。

 頑固で昌次につらく当たってきた周吉は、一人ぼっちになり、気まずい関係だった紀子にラストシーンで、「昌次のことをよろしくお願いします。」と頭を下げる場面に感動する。

 

 老夫婦の「子供は、なかなか親の思うようにはいかんもんじゃの。」、「うちなんかいい方よ。」という会話は、どんな親子にもどこかで通じるものがある。そして、映画のキャッチフレーズにある「おかしくて、かなしい、あなたの物語です。」は、どこにでもある家族の親子の関係、老い、淋しさ、そして死への共感を得る。

 

 映画のエンディングロールでは、「この作品は、小津安二郎監督に捧げる。」で終わった。

« すばる望遠鏡の巨大デジカメ | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「東京家族」:

« すばる望遠鏡の巨大デジカメ | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック