無料ブログはココログ

« 皇居参観 | トップページ | 月島周辺の風景 »

2012年7月23日 (月)

東京スカイツリー

 2012年7月17日(火)、日帰りの研修旅行。JAL整備工場見学と皇居参観の後、夕方東京スカイツリーに行く。

 皇居参観後、バスは外苑を15:15に浅草寺に向かって出発。予約の都合で、東京スカイツリーの入場が18:30から。1時間半ほど浅草寺境内を散策したり、仲見世で買い物など時間をつぶす。

 

★ ★ ★ 

 浅草寺の雷門は、正式名称を「風雷神門」というそうだ。1960年、松下電器産業の創設者松下幸之助が、門と大提灯を寄進した。その大提灯を下から覗くと、龍の彫り物があるのに今まで気がつかなかった。瑞雲に乗って、宝珠をつかむ龍だそうだ。

 
Img_34761

 雷門前のスクランブル交差点から、東京スカイツリーが良く見える。

Img_34791

 浅草寺雷門と本堂までの間の宝蔵門に、山形県村山市奉賛会が「大わらじ」を奉納。東京スカイツリーを背景に撮影。

Img_34941

 
 

★ ★ ★ 

 

 18:00前、予定より早めにスカイツリー1階の団体バス駐車場へ。ここから一旦4Fにエレベータで上がると、「天望デッキ」へ上がる出発ロビー(写真下)がある。

Img_35051_2

 エレベータは、フロア350と呼ばれる「天望デッキ」へ。この高さから初めて見る東京の景色に、思わず息をのむ。

 隅田川手前は隅田公園。右の橋は言問橋。左は吾妻橋。

Img_35171_2

 中央に東京タワー、隅田川の左手の緑の屋根は、両国国技館。

Img_35211

 東京ゲートブリッジと東京湾を遠望。左手前の緑は猿江恩賜公園、右手の緑は木場公園。

Img_35101

 

 

 さらにその上にある「天望回廊」までは自由行動で、入場券1,000円。30分待ちの行列に並び、フロア445行きのエレベーターに乗る。エレベータの天井からは、ガラス超しにツリーの鉄骨が見える。

Img_35241

 天望回廊に到着。天望デッキに比べ、100mの高度差のある天望回廊からの俯瞰は、全然違う。ここまで上って来て、良かった。

 緑の部分は、上野公園。遠くは、サンシャインビルなど池袋方面。

Img_35291

 隅田川河口と晴海方面。遠くにレインボーブリッジとお台場方面。

Img_35431

 左上は葛西臨海公園、荒川河口。中央は江東区方面。手前右の緑は、猿江恩賜公園。
 

Img_35511

 18:50頃、雲を茜色に染めながら夕闇が迫る新宿ビル群。左手に富士山が見える。右手前の白いものは、東京ドーム。

Img_35471_2

 

 19:30、雅(みやび)色にライティングされたスカイツリーをあとにし、21時半ごろ帰宅。

 

★ ★ ★

 

 東京スカイツリーは7月22日で、開業2カ月を迎えた。商業施設の「東京スカイツリータウン」を含む来場者は19日で約1,000万人を超え、予想を上回るペースだという。ツリーの展望台に上った人は、21日までに83万人、8月初旬には100万人に到達する見通しだそうだ。 展望台は当初完全予約制だったが、7月11日から天望デッキの当日券販売が始まっている。

 

 首都高速の渋滞でJAL整備工場への到着が遅れ、その後が時間に追われる強行スケジュールとなってしまった。熱中症が心配されるこの暑い中を歩き回ったが、有意義な旅行であった。

« 皇居参観 | トップページ | 月島周辺の風景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

スカイツリーの展望台からは,都内にもかかわらず地平線らしきものが見えるんですね!

いつか行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリー:

« 皇居参観 | トップページ | 月島周辺の風景 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック