無料ブログはココログ

« 長崎から江戸へ旅した象 | トップページ | ペテルギウスの超新星爆発 »

2012年4月19日 (木)

雨の新宿御苑

 2012/4/14(土)午前中 前回の「潮風公園」に続き、「新宿御苑」に撮影実習で行く。

 両日とも残念ながら雨。このところ、週末に雨になることが多い。

 「新宿御苑」は、江戸時代に信州・高遠藩主内藤家の屋敷があったところ。徳川家康が江戸に入った翌年の天正19年(1591)、家臣内藤清成は家康への功労・功績を認められ、現在の新宿に広大な屋敷地を拝領した。
 明治になってこの地は農業試験場となるが、後に皇室の庭園として造られたのが明治39年。戦後、国民公園として一般に開放され、厚生省その後環境庁、現環境省へと所管を移した。

 地下鉄副都心線の「新宿三丁目駅」より徒歩5分で到着。入園料は、大人200円。アルコール類や遊具の園内持ち込みを禁止しており、雨の中係員が入口で声をかけていた。

 新宿御苑では、約65種1300本の桜が楽しめる。ソメイヨシノはかなり散っているが、こんな雨の日でも入園者は結構いるものだ。4月中旬は、新宿御苑の代表的な八重桜「イチョウ」が、見ごろだそうだ。しかし、雨で寒いし、時折強い風も吹く。

雨の新宿御苑の桜

Img_20201

 
Img_20221

傘をさした団体客が急ぎ足で歩いている

Img_20451

エンパイアステートビルのようなNTTドコモビルが霞む

Img_20551

中央休憩所で雨をしのぐ

Img_20801

 午後から新宿御苑周辺のフォトギャラリーを巡るが、夕方食事会があるので、途中で退散する。

« 長崎から江戸へ旅した象 | トップページ | ペテルギウスの超新星爆発 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の新宿御苑:

« 長崎から江戸へ旅した象 | トップページ | ペテルギウスの超新星爆発 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック