無料ブログはココログ

« ものみ・ゆさん | トップページ | 武州寄居七福神めぐり »

2011年12月 8日 (木)

エミー・ジャクソン

 最近、テレビの懐メロ番組を見てたら、安西マリアが1970年代の曲「涙の太陽」を歌っていた。すぐには名前が出てこなかったが、エミー・ジャクソンを思い出した。もうずーっと彼女をテレビで見たことがない。


 

 「涙の太陽」のオリジナルは、エミー・ジャクソンのデビュー作、代表作である。
 エミー・ジャクソンは、日本のアイドル歌手で、和製ポップスの元祖。1945年にイギリスで生まれ、父方の祖父がイギリス人という。1964年に、ラジオ関東のDJ番組のアシスタントを勤めていた時、湯川れい子に見いだされ、翌65年4月に日本コロムビアよりデビューした。

Emy_jackson1    Emy_jackson2_2

 

 同じ年の5月に、青山ミチによる日本語バージョン(作詞:湯川れい子)が発売され競作になったそうだが、あまり憶えていない。むしろ、不祥事を起こして復帰した時に歌った、「叱らないで」という曲が記憶にある。その後、1978年に覚せい剤で逮捕され、芸能界から追放された。

 8年後の1973年、安西マリアが青山ミチの日本語バージョン「ギラギラ太陽が燃えるように・・・」を歌い、ヒットした。

 「涙の太陽」と聞くと、安西マリアよりも自分の世代は、断然60年代のエミー・ジャクソンだ。エミーは、一度芸能界を引退したが、現在はライブハウスなどで歌っているらしい。懐メロ番組には、安西マリアしか出て来ないのは残念だ。

 

 
 あの60年代には、思い出に残る良い曲がたくさんあった。
 高校の友人が、洋楽ポップスのレコードを持っていて、よく聞かせてもらった。ラジオの深夜放送も良く聞いていた。

 中でも「涙の太陽」は、エレキギターのリズムにのせた迫力あるイントロで、ハーフの女の子の英語の発音が新鮮で、衝撃を受けた。歌詞も切なくて、彼女は少しボーイッシュで、チャーミングだった。
 当時、プレイヤーは持っていなかったのだが、初めて買ったのがこのレコードだった。

 

 「涙の太陽」 Crying in a storm

  歌手:エミー・ジャクソン Emy Jackson
  作詞:R.H.Rivers (「Reiko Hot Rivers」と名乗っている湯川れい子のこと)
  作曲:中島泰利

 Take me take me
 take my heart and all
 I was born to be yours

 Love me love me
 get me hold me tight
 Now I'm crying in a storm

 この先の歌詞は曲が早すぎて、何度もトライしても、歌えなかった。

 

 

« ものみ・ゆさん | トップページ | 武州寄居七福神めぐり »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今後のエミージャクソンのライブの予定が知りたいです。宜しくお願いします。

>九条五郎様

Emy Jackson Home Page に、2019年7月11日のライブを見つけました。
 http://www.emyjackson.com/index.html

私が中学3年生の時親父のポケットから300円抜いてレコードを買い仁行った、あの頃を思い出します。懐かしい。

>ユキヤンサン さん
わたしのブログ記事「エミー・ジャクソン」を読んで戴き、ありがとうございます。
「涙の太陽」 Crying in a stormのレコードは、今でも持っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エミー・ジャクソン:

« ものみ・ゆさん | トップページ | 武州寄居七福神めぐり »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック