無料ブログはココログ

« 長崎・稲佐山からのパノラマ | トップページ | 日光東照宮 »

2011年11月13日 (日)

横浜港の風景

 2011年11月12日(土)、一眼レフカメラを持って、横浜港周辺に撮影に行く。

 自宅を8:20に出て、最寄り駅に集合。同行12人とマイクロバス(貸切)の乗り込み、9:00出発。関越・首都高を経由して、途中三芳SAと大黒ふ頭SAで休憩、12:00少し前に横浜の「マリンタワー前」に到着した。山下公園通りの、色づいたイチョウ並木がきれい。

 Img_05231

 ここで下車して「山下公園」に立ち寄った後、「中華街」へ歩く。今年1月に来た時もそうだったが、通りは甘栗売りの客引きがうるさい。「大三元酒家」に入り昼食後、散策しながら「媽祖廟」や「関帝廟」などを撮影する。

 媽祖(まそ)は、北宋時代に福建省の官吏林氏の娘として生まれた実在の人物。奇跡を起こして崇められ、神となった。航海・漁業の守護神として、自然災害や疫病、戦争、盗賊から人々を護る女神として、中国沿海部を中心に信仰を集める。今年5月に行った長崎・唐人屋敷跡の天后堂に祀られている天后聖母は、媽祖のことだ。

Img_04991

 関羽(かんう)は、中国後漢末期の武将で、三国時代の蜀の創始者である劉備に仕えた。悲劇的な死を遂げたが、後世神格化され関帝(かんてい)となり、信義に厚い事などから、商売の神として世界中の中華街で祀られているという。

 Img_05021jpg

 横浜の関帝廟は1990年、媽祖廟は2006年に、華僑がお金を出し合って建てたそうである。特に媽祖廟は、細かい手の込んだ見事な彫刻等や装飾など、相当お金がかかっているように思える。いずれの廟も、太くて長い線香を500円で売っている。この線香を買えば本殿の中に入ることができ、お清めに線香を焚き、願い事を神様に伝えられるという。お参りの作法があり、案内の中国人が指導していた。

 中華街から、山下公園へ再び移動する。公園では、「アフリカン・フェスタ2011」が開催されていて、賑わっている。アフリカ各国大使館、国際機関、NGO、民間等の参加を得て、外務省が横浜市と共催で、毎年開催しているアフリカ関連のイベント。ワークショップ、音楽公演や展示のほか、アフリカ料理が楽しめるフードコーナーなどの催しが行われていた。

Img_05271

 係留されている氷川丸の前にはバラ園があり、赤、白、ピンク、黄色のバラが氷川丸に花を添えていた。

 Img_04891

 氷川丸は、1930年に竣工、日本郵船の12,000トン級の貨客船。シアトルなど北太平洋航路で長らく運航された。 

 Img_05401

 いつも外から眺めていたが、初めて船内を見学してみる。映画のタイタニック号や、ロスアンゼルスのロングビーチに係留されているクイーンメリー号を思い出す。これらの船の大きさとは比較にならないが、戦前の一等客室や社交室のぜいたくさに驚き、機関室や操舵室の古いメカに感激する。入館料200円。シニア(65歳以上)、中・高生は、100円。

 Img_05551

 16:00、一旦マリンタワー前に集合して、マイクロバスで「大さん橋」に移動する。「大さん橋」は、「横浜港大さん橋ふ頭」または、「大さん橋国際客船ターミナル」の通称で、国内・外国航路客船の主要な発着場所である。カメラの三脚を立てて、ここから見渡す港周辺の夕景・夜景を撮影する。

 Img_05671

 「大さん橋」から眺めるランドマークタワーなど、みなとみらいの夜景。

 Img_05901

 その後、「赤レンガ倉庫」へ徒歩で移動。保税倉庫として明治の終わりから大正時代の初めにかけて建設されたが、その役割は1989年までに終え、しばらく放置されていたという。1992年横浜みなとみらい21の整備に伴って、横浜市が国から取得。5年以上かけて倉庫を修復し、周辺地域と一体的に整備を始めた。2002年には1号館は文化施設に、2号館は商業施設となり、みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっている。

 Img_06051

 18:00、赤レンガ倉庫の駐車場でバスに乗り込み、帰路へ。途中三芳SAで休憩、予定通り20:30に出発地に到着。20:55自宅に帰着。

 この日は、秋晴れの土曜日で、10月並みの暖かさだ。中華街や山下公園、赤レンガ倉庫にしても、すごい混みあい様だった。一日中歩き回ったので、けっこう疲れた。

« 長崎・稲佐山からのパノラマ | トップページ | 日光東照宮 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大さん橋は春も気持ちがいいですよ。
昔は芝生の中で寝ころがったりしても大丈夫だったので、よくゴロゴロしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜港の風景:

« 長崎・稲佐山からのパノラマ | トップページ | 日光東照宮 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック