無料ブログはココログ

« 日光田母沢御用邸 | トップページ | テレビ「蝶々さん」 »

2011年11月30日 (水)

映画「マネーボール」

 2011年11月27日、映画「マネーボール」を観る。

 132037945037213113118_maneyballnt1

  長年、読売グループに君臨するトップの「鶴の一声」に、ジャイアンツの清武代表兼、GM(ゼネラルマネージャー)が、反旗をひるがえし、解任されるというという問題が、世間を騒がせている。

 そんな中で、今年ベネット・ミラー監督、ブラッド・ピット主演で映画化された「マネーボール」は、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスの実在のGMの物語だ。マイケル・ルイスによるノンフィクションの原作は、2003年に米国で発売、ベストセラーになったそうだ。

 メジャーリーガーを引退後、弱小・貧乏球団オークランド・アスレチックスのGMとなった実在の人物ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、育ててきた有望選手を強豪球団に引き抜かれるという事態が続く。

 
 チームの立て直しを図るビリーは、野球経験はないが、データ分析が得意なイェール大卒ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)と出会う。統計データを使って、選手の将来的価値を予測するという「マネーボール理論」を導入、ピーターと共にチームの改革を進めていく。

  保守的な古株スカウトマンだけでなく、選手やアート・ハウ監督(フィリップ・シーモア・ホフマン)らの反発を生み、チーム状況は悪化する。しかし強引に独自の改革を進めていくうち、徐々にチームに勝利をもたらす。球界はビリーの手腕を認め、周囲からの信頼も回復。そして誰も想像しなかった、奇跡の記録を打ち立てる。

 

  人身売買のような球団GMどうしの契約金の交渉、簡単に移籍、トレードやクビを選手に伝える場面など、アメリカ社会やメジャーの厳しい現実を垣間見た。メジャーファンには、実際の選手やデータが映画の中に出てきて、興味深く楽しめたと思うが、自分には少し誇張されたであろう映画が、どこまでが現実なのかが、まだよく分からない部分がある。

 統計データを使って野球を客観的に分析していくやり方は、「セイバーメトリクス」といい、1970年代に生み出され、次第に野球愛好家の中に浸透していったという。この理論を本格的に実践に使ったのが、アスレチックスのビリー・ビーンGMで、「マネーボール理論」と呼ばれた。

 アスレチックスは、毎年のようにプレーオフに進出する強豪チームとなる。しかし今では他球団でも、そのやり方が採用されるようになり、貧乏球団は再び低迷を続けているというのは、残念だ。

 日本のアニメや映画になった「もしドラ」=「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は、公立高校の弱小野球部でマネージャーを務める女子高生が、ドラッカーの経営論『マネジメント』を手に部の改革を進め、甲子園を目指すと言うストーリー(発表時期は、「もしドラ」が後)だが、それと重なるところもあって、結構感動することも多かった。

 
 ビーンと12歳になる娘との会話や、彼女がギターを引きながらの歌には、癒された。

« 日光田母沢御用邸 | トップページ | テレビ「蝶々さん」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マネーボール」:

« 日光田母沢御用邸 | トップページ | テレビ「蝶々さん」 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック